【スポンサーリンク】


「人を動かす」はデール・カーネギーが書いたあらゆる自己啓発書の原点と言われる名著です。

1936年の初版刊行以来、世界で1500万部、日本で500万部を超えるベストセラーです。

何度も改訂版が出版されていますが、その内容は本質的で時代を超えて読み継がれる名作です。

ただ、本質的であるため、正しく理解するには、何度も読む必要があるかも知れません。

正しく理解するためには、理解している人からのアドバイスが必要です。

そこで、YOUTUBEに投稿された「人を動かす」をわかりやすく解説している動画を紹介します。

「人を動かす」を解説しているおすすめYoutuber

Youtuber URL 視聴回数
中田敦彦のYouTube大学(22分) https://youtu.be/oZGrjna7fpA 86万
人生を変える学校(10分) https://youtu.be/HUOBjbsHfFE 23万
サラタメさん(18分) https://youtu.be/fNBIN1x7y-g 36万
本解説のしもん塾(34分) https://youtu.be/dT1D2-WCBrM 25万
タコペッティ(11分) https://youtu.be/4H6qQqbqvfY 1.6万

※視聴回数は2020年09月17日現在

「人を動かす」の紹介動画を集めた再生リストはコチラ
⇒ https://www.youtube.com/playlist?list=PLu4GizI2Ajsos0qcaOKwnahh-g8DYWFZC

 

人を動かす(カーネギー)ってどんな本?

「人を動かす」は、デール・カーネギーが書いた本です。

人間関係の原則を、著者の経験に基づく多くの事例で紹介しています。

現在は山口博さん翻訳で新装版と文庫版が出版されています。

人を動かす(新装版)基本情報

タイトル 新装版 人を動かす
著者 D・カーネギー
訳者 山口博
判型 四六判
頁数 352ページ
出版社 創元社
出版日 1999年10月20日

原書の発売は1936年で、日本語版も加藤直士さん訳で発売されています。

人を動かす 内容
邦訳500万部突破の歴史的ベストセラー。人づきあいの根本原則を実例豊かに説き起こし、時代を超えて読み継がれる不朽の名著。
あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。1936年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を改良するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

引用:https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=799

創元社のホームページで立ち読みができます。
⇒ https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=799

人を動かす 目次
改訂にあたって
PART1 人を動かす三原則
・1 盗人にも五分の理を認める
・2 重要感を持たせる
・3 人の立場に身を置く
PART2 人に好かれる六原則
・1 誠実な関心を寄せる
・2 笑顔を忘れない
・3 名前を覚える
・4 聞き手にまわる
・5 関心のありかを見抜く
・6 心からほめる
PART3 人を説得する十二原則
・1 議論を避ける
・2 誤りを指摘しない
・3 誤りを認める
・4 穏やかに話す
・5 〝イエス〟と答えられる問題を選ぶ
・6 しゃべらせる
・7 思いつかせる
・8 人の身になる
・9 同情を寄せる
・10 美しい心情に呼びかける
・11 演出を考える
・12 対抗意識を刺激する
PART4 人を変える九原則
・1 まずほめる
・2 遠まわしに注意を与える
・3 自分の過ちを話す
・4 命令をしない
・5 顔をつぶさない
・6 わずかなことでもほめる
・7 期待をかける
・8 激励する
・9 喜んで協力させる
付 幸福な家庭をつくる七原則
・1 口やかましく言わない
・2 長所を認める
・3 あら探しをしない
・4 ほめる
・5 ささやかな心尽くしを怠らない
・6 礼儀を守る
・7 正しい性の知識を持つ
訳者あとがき

引用:https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=799

原則とはいえ、いきなり全てを覚えるのは難しいですね。

出典が「人を動かす」というのは知りませんでしたが、ビジネスマナーとして会社の上司や先輩から教わった事も多いです。

「人を動かす【新装版】」はコチラから購入できます。
⇒ 人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

 

人を動かす(カーネギー)を書いたのはどんな人?

人を動かす(カーネギー)を書いたのはどんな人?

「人を動かす」の著者であるデール・カーネギー(Dale Carnegie)は、1888年アメリカ合衆国ミズーリ州の貧しい農家に生まれます。

州立学芸大学を卒業後、雑誌記者や俳優、セールスパーソン等の職業を経て、YMCA弁論術担当となり、その後、D.カーネギー研究所を設立します。

カーネギーは、「人を動かす」の他、「道は開ける」「人生を変える黄金のスピーチ」なども著しています。

カーネギーの著書は日本でも評価が高く、企業研修などに利用される事も多いようです。

 

【スポンサーリンク】

人を動かす(カーネギー)が理解しやすくなる解説動画おすすめ5選

D・カーネギーの「人を動かす」が理解しやすくなる解説動画を紹介します!

「人を動かす」のおすすめ動画を集めた再生リストはコチラ
⇒ https://www.youtube.com/playlist?list=PLu4GizI2Ajsos0qcaOKwnahh-g8DYWFZC

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY(22分)

チャンネル登録者数289万人の中田敦彦のYouTube大学さんは、22分で「人を動かす」を解説しています。

タイトル 【人を動かす①】人の心を突き動かす行動の原則
URL https://youtu.be/oZGrjna7fpA
動画時間 22:27
登録日 2020/01/19
視聴回数 864,043回(2020/09/17)

中田敦彦のYouTube大学さんは、「人を動かす」を①~③の動画で解説しています。

全て視聴すると1時間を超えますが、区切りの良いところで分かれていて見やすいです。

私はお風呂に入っている時にYoutubeを視聴する事が多いのですが、10分ぐらいの動画が一番見やすいですね。

人生を変える学校 Life Changing School(10分)

チャンネル登録者数8.98万人の人生を変える学校さんは、10分で「人を動かす」を解説しています。

タイトル 10分でわかる「人を動かす」【カーネギー哲学】
URL https://youtu.be/HUOBjbsHfFE
動画時間 10:29
登録日 2019/06/29
視聴回数 225,936回(2020/09/17)

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】(4分)

チャンネル登録者数46.5万人のサラタメさんは、4分で「人を動かす」を解説しています。

タイトル 【17分で解説】人を動かす|あなたにこそ見てほしい動画
URL https://youtu.be/fNBIN1x7y-g
動画時間 17:30
登録日 2020/04/04
視聴回数 358,604回(2020/09/17)

本解説のしもん塾【プロ読書家】(34分)

チャンネル登録者数7.28万人の本解説のしもん塾さんは、34分で「人を動かす」を解説しています。

タイトル 人を動かす!人に好かれる!人たらしの話し方・伝え方。【人を動かす デール・カーネギー】の本解説要約。オーディオブック、ビジネス書レビュー、自己啓発本オーディブル、朗読。
URL https://youtu.be/dT1D2-WCBrM
動画時間 34:06
登録日 2019/07/15
視聴回数 247,245回(2020/09/17)

タコペッティ(11分)

チャンネル登録者数2.06万人のタコペッティさんは、11分で「人を動かす」を解説しています。

タイトル 10分でわかる!D.カーネギー「人を動かす三原則」の解説
URL https://youtu.be/4H6qQqbqvfY
動画時間 10:56
登録日 2019/02/04
視聴回数 16,842回(2020/09/17)

 

【まとめ】人を動かす(カーネギー)が理解しやすくなるおすすめ動画

【まとめ】人を動かす(カーネギー)が理解しやすくなるおすすめ動画

「人を動かす」は、オーディオブックで聞いた事があります。

どこかで聞いた事がある内容ばかりですが、その原点は、この本なんでしょうね。

ただ、わかっていても実践できていない事ばかりです。

原理原則は不変なものだと思いますが、実践するには、その時々の環境も大きく関わってくるのでは無いでしょうか?

人それぞれ、捉え方が違うので、多くの人が理解した内容を聞くのも面白いですね。

違う意見を聞いて「そう解釈したか」と感じたなら、「人を動かす」を理解している証拠だと思います。

「人を動かす【新装版】」はコチラから購入できます。
⇒ 人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】