【スポンサーリンク】


小説の神様の劇場公開日はいつ?出演者などの映画情報!

5月22日に公開が予定されていた「小説の神様」ですが、外出自粛の影響で公開日が延期され、今でも「近日公開」のままになっています。

いつ映画館で観ることができるのでしょうね?

 

小説の神様の劇場公開日はいつ?

小説の神様の劇場公開日はいつ?

外出自粛の影響で休館していた映画館も、6月1日以降営業再開しているところが多いようです。

長期間、映画館が休館していたため、営業再開しても劇場公開の予定は配給会社と調整しながらになりそうです。

TOHOシネマズのホームページに掲載されていた公開延期作品は以下の通りです。
⇒ https://www.tohotheater.jp/news/sakuhin_enki.html

ドラえもんは夏休みの2020年8月7日に公開されるようです。

地域によっては、夏休みも短縮される予定があるようです。

いつもの夏休みのように、7月終わりから8月にかけて、映画館も子供たちが増えるという訳にはいかないかも知れませんね。

「小説の神様」の公開予定は記載されていません。

元々、5月公開予定の作品は本数も多く、「コンフィデンスマンJP」や「映像研には手を出すな!」など話題作も多いので、調整は難しいでしょうね。

6月11日までは、公開作品も決まっているようなので、早くても6月12日から公開だと思いますが、それ以前から公開延期されている作品も多いので、順番待ちをしていたら、公開は先延ばしになりそうです。

もしかすると、公開中止になる作品も出てくるかも知れませんね。

ちなみにTOHOシネマズでは、6月11日まで「天気の子」や「君の名は」が上映されています。

天気の子のDVDが発売され、レンタル店で借りてきて観たのですが、映画館でも観たくなりました。

 

小説の神様の出演者や映画情報

小説の神様は、高校生で伸び悩んでいる小説家の男子と高校生で人気小説家の女子のお話です。

相沢沙呼の小説「小説の神様」が原作です。

映画「小説の神様」の出演者は以下のとおりです。

橋本環奈(小余綾詩凪)

佐藤大樹(千谷一也)

莉子(千谷雛子)

佐藤流司(九ノ里正樹)

柴田杏花(成瀬秋乃)

 

【スポンサーリンク】

月とオオカミちゃんには騙されない

主人公の妹 千谷雛子を演じる莉子さんは、AbemaTVで放送されていた「月とオオカミちゃんには騙されない」に出演していました。

今はPopteenの表紙を飾る人気モデルです。

莉子さんが出演していた「月とオオカミちゃんには騙されない」は、Abemaプレミアムで観ることができます。
⇒ AbemaTV

涙なしで最後まで観る事ができません。

 

小説の神様のマンガ

「小説の神様」は原作の小説の他にマンガ版も出版されています。

⇒ いつでも書店

電子書籍サイトの「いつでも書店」ならマンガ版も小説版も読むことができます。

私は、映画を観る前に原作を読んでストーリーを確認する派です。

同じ作品でも、何回も観ることができます。

ストーリーの展開がわかっていても、それがどのように描かれているのか観るのが好きです。

それは、どんでん返しのあるミステリーや推理小説でも同じです。

人によっては、ネタバレすると面白くない、という考えの人もいると思いますが、私は、全く逆ですね。

ストーリーを追いながら、映像を観ていると見落としてしまう部分が多くて、落ち着いていられません。

「小説の神様」は、原作小説も、マンガも、内容を確認してから、橋本環奈さんの演技を観たいですね。

原作にハマってしまっているので、早く映画も観たいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】