からすみ

「ボラ」と聞くと「臭い」イメージがあります。

しかし、釣れた季節や場所によっては
臭みも無く美味しく食べる事ができるそうです。

冬が旬の「ボラ」について調べます!

 

スポンサーリンク

冬が旬のボラとはどんな魚?

ボラはボラ目ボラ科に分類される魚で
全世界中の熱帯や温帯に広く分布します。

河口や内湾の汽水域に多く生息し、
同じぐらいの大きさボラ同士で
群れを作って水面近くを泳ぎまわります。

水面をジャンプすることもあり、
釣り人やサーファーに激突する事もあるそうです。

危険な魚ですね。

海辺では身近な魚で、食用に捕獲されます。

船に乗って沖までいかなくても
防波堤から釣る事ができます。

大きなボラだと80センチぐらいの大きさになりますが
普通に釣れるボラだと数センチから50センチぐらいです。

ボラの卵巣を塩漬けして乾燥させたのが
「カラスミ」ですね。

以前、会社の近くを流れる川でボラが遡上してきて
それを鵜の大群追いかけてきて修羅場でした。

ボラも群れで行動する魚です。

ボラは丈夫な魚で、
多少環境が悪くても生息できるそうです。

そのため、釣る場所によっては、
「ボラは臭い」と言われ、敬遠されがちですが

キレイな海で釣れたボラは味のよい魚として
食用として人気があります。

また、夏よりも冬に釣ったボラの方が
臭みが少なく、脂がのっています。

寒い冬がボラの旬と言われています。

関西地方では「イセゴイ」、
愛媛県では「ナタネボラ」、
広島県では「マボラ」、
沖縄県では「ツクラ」などと呼ばれます。

また、成長過程で名前が変わる出世魚で関東では、
オボコ⇒イナッコ⇒スバシリ⇒イナ⇒ボラ⇒トド、
と変化します。

 

ボラを初心者が釣る方法

ボラは堤防からウキ釣りで釣れます。

釣りよかでしょう。では「引っ掛け釣り」をする
動画がありました。

冬の釣りは寒いです。

目で見て、釣り針に引っ掛けるだけなので
簡単につれそうですが、
ボラの群れがやってくるまで忍耐ですね。

「風船釣り」という方法もあります。

釣れたのはボラではありませんが、
本当に風船を使った釣りなんですね。

 

スポンサーリンク

ボラを美味しく食べるさばき方

ボラのさばき方動画はコチラです。

釣りよかの動画では、やっぱり臭かったようです。

さばく時は注意が必要です。

息を止めたぐらいでガマンできれば良いですが
外でさばいた方が良いかもしれませんね。

 

ボラの料理法や食べ方

ボラは歯ごたえのある白身魚で刺し身や味噌汁、
フライなどに調理されて食べられます。

 

高級食材カラスミの作り方

ボラの卵巣さえ手に入れば
カラスミを作る事もできそうです。

スズキの卵巣でもカラスミを作ることができるそうです。

私はカラスミを食べた事がありません。

どんな味なんだろう?

塩漬けして天日干しするぐらいなので
塩っ辛い感じがします。

カラスミの食べ方といっても、
パスタぐらいしか思いつきません。

高級食材ですよね。

お酒のつまみに良さそうです。

自分で釣ったボラからカラスミを作って
パスタにすればお値打ちです。

 

ボラのへそが美味しい

「ボラのへそ」が鶏の砂肝のように
歯ごたえがあって美味しいという噂です。

新鮮だと刺し身にできるようですが、
塩焼きでも美味しそうですね。

1匹から1つしか取れないため、
ボラのへそだけが流通する事は
ほとんどありません。

自分で釣って食べるのが早いかも知れませんね。

臭いからと敬遠していたら
食べる事ができない食材です。

スポンサーリンク
おすすめの記事