イカ

イカ釣りが人気ですね。

港の防波堤から釣れるのは、
船酔いを心配している初心者には
うれしいです。

イカ釣りの中でも人気の
アオリイカについて調査します!

 

スポンサーリンク

アオリイカについて詳しく調べました

アオリイカは、ヤリイカ科アオリイカ属で
日本沿岸に生息する大型のイカです。

港の防波堤などから釣れるため、
多くの釣り人がアオリイカを狙って釣りをします。

釣り方としては、
餌木を使ったエギングが一般的ですが
ヤエン釣りをする人も増えています。

釣ったアオリイカは弾力性に富んだ肉質で
甘みがあり旨みが強く、
刺し身、てんぷら、煮付けなどで食されます。

徳島県海部郡牟岐町には
「アオリイカ黒焼きそば」という
イカスミの入った焼きそばがあります。

生地にイカスミが練りこんであるようで、
イカスミパスタと違い、
最初から黒い麺を使っています。

 

アオリイカを初心者が釣る方法

アオリイカを釣るには、餌木を使うエギングや
ヤエン釣り、ウキ釣りなどがあります。

エギングが一般的な釣り方で、
最近は、ヤエン釣りをする人も増えています。

 

エギングって何?

エギングとはイカを釣る方法のひとつで
ルアー(疑似餌)を餌木(えぎ)にして釣りをします。

アオリイカが餌木に抱きつく瞬間の映像はコチラです。

餌木は外観をエビに似せた形が基本になっていて
海中でもエビの動きに似せるのが良いようです。

アオリイカ釣り初心者向けのエギング入門動画はコチラです。

とても忙しそうな釣りですね。

餌木を動かし続けないといけないのでしょうか?

どうしても、アオリイカがいそうな
藻の辺りを狙うので、

根がかりして、
環境問題になったりしているそうです。

人気になって釣りをする人が増えれば
何かしら問題が出てくると思いますが

レジャーとして釣りを楽しむのであれば
漁師さんの迷惑になったり、
環境問題になるような事は避けたいですね。

 

ヤエン釣りって何?

ヤエン釣りは、生きたアジなどを泳がせておいて
アオリイカがアジを抱いて食べ始めたら
「ヤエン」という仕掛けを投入して釣る方法です。

これが「ヤエン」です。

ヤエン釣りのやり方やヤエンの使い方は、
コチラの動画が参考になります。

船に乗っての沖釣りのようですが、
港の防波堤でも要領は同じです。

コチラの動画も初心者の参考になります。

アオリイカって、かなり獰猛なんですね。

アジが頭から食いちがられる映像は
少しビックリです。

足で捕まえるのはわかりますが
どこから食べるのでしょうね?

自分の手が食べられないか心配になります。

 

スポンサーリンク

アオリイカの調理法

釣ったアオリイカはどうやって調理したら良いでしょうね。

アオリイカのさばき方から調べてみました。

ケンミンショーで北海道の人はイカをさばけると
聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

スーパーの鮮魚売り場でアルバイトをしていた時に
イカをさばいていたのですが、
覚えてしまうと、できる様になりますね。

しかし、アオリイカは大きいですね。

コチラの動画では、イカそーめんと刺し身にして
食べています。

私はフライにするのが好きですね。

イカリングも良いですが、
アオリイカでは少し大きいかも知れませんね。

 

アオリイカにアニサキスはいないの?

生魚と聞くと寄生虫のアニサキスが心配になります。

アニサキスはスルメイカに多く、
アオリイカは比較的少ないようですが、
全くいない訳ではなさそうです。

アニサキスは目視で確認できるので、
刺し身にする時でも、しっかりと見れば
回避できます。

イカのアニサキスの見つけ方はコチラです。

また、イカそうめんにしてしまえば
切ってしまうので、ほぼ安心ですね。

細かく噛んで、噛み千切ってしまうのも
予防法のひとつです。

アニサキスの他に、ニベミニアという
米粒のような寄生虫もいる事がありますが、

こちらも目視で確認できるので
よく見て取り除く事で予防できます。

スーパーでパックになった刺し身を
買ってくるのとは違うので、
自分でさばいて食べる時は注意が必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事