別名「冬の女王」とも呼ばれる「アマダイ」ですが
秋から春にかけてが釣りのシーズンです。

 

スポンサーリンク

アマダイ(甘鯛)ってどんな魚?

アマダイはスズキ目キツネアマダイ科アマダイ属に
分類されるの魚の総称で
本州中部以南から南シナ海に分布します。

日本の近海には、シロアマダイ、キアマダイ、
アカアマダイなどが生息しています。

アマダイは「グジ」や「オキツダイ」など
地方によって様々な呼ばれ方があります。

水深30メートルから300メートルぐらいの
海底に巣穴を掘って暮らしていて
小魚や甲殻類、多毛類などを捕食します。

体長は20センチから60センチほどで
高級食材として扱われます。

白身で脂肪分が少なく淡白ですが
柔らかくて水っぽいため
あまり刺し身で食べる事はなく

水分を飛ばすため焼き魚にしたり
干物にするのが一般的です。

鱗も食べる事ができるため、
鱗焼きという調理法もあります。

ムニエル、ポワレ、照り焼き、酒蒸し、
粕漬け、西京焼き、ワイン蒸し、干物、等
様々な料理で食べられています。

9月から5月にかけて釣ることができますが
旬の季節は秋から冬ぐらいです。

 

アマダイ(甘鯛)の初心者向け釣り方は?

アマダイの主な釣り方は船に乗って沖釣りです。

船釣り用アマダイの竿として最適な長さは
長すぎず短すぎない1.8メートルから
2メートルぐらいがベストです。

確実に底を取れ、細かい操作もできる
しなやかさが欲しいです。

リールは小型電動リールが主流になっていますが
手巻き中型リールなどでも可能です。

漁場によって多少仕掛けも変わりますが
片テンビンで2本針の仕掛けがオーソドックスです。

エサはオキアミです。

アマダイ釣りの参考になる動画です。

船に乗っての沖釣りなので船酔いしないか心配です。

初心者でなくても船酔いする釣り人は
たくさんいるようです。

船酔いは「揺れ」が原因なので
酔いやすい人は対策が必要です。

事前の船酔い対策としては
「酔い止めの薬を飲む」や
「しっかりと睡眠をとる」といった事が
挙げられます。

また、乗船後の船酔い対策としては、
「遠くを見る」や「食事の工夫」などが
挙げられます。

船ではありませんが、私が電車などで
乗り物酔いしてしまった時は

「龍角散ののどすっきり飴」を
舐めてしのいでいました。

薬っぽい味が効きそうな感じがして
気を紛らわせる事ができます。

沖釣りの場合は、他にも釣り人が乗っているので
船酔いしたからと言って、すぐに戻ってはもらえません。

体調管理を含め事前対策はしっかりとしたいですね。

 

スポンサーリンク

アマダイ(甘鯛)のさばき方

甘鯛は身が柔らかいので
包丁を使った「すき引き」で
ウロコを取るのが良いです。

甘鯛を基本の3枚おろしにする方法が
動画で丁寧に紹介されています。

甘鯛は鱗も食べる事ができる魚なので
鱗はそのままにしても良いですね。

たくさん釣れた甘鯛は干物にしても美味しいです。

干物にする時は背開きです。

自分で一夜干しを作るのは手間がかかりますね。

 

アマダイ(甘鯛)を使った料理

旬の甘鯛が釣れたら美味しく調理して食べたいですね。

甘鯛の料理といえばオーソドックスな塩焼きです。

甘鯛の鱗焼きです。

甘鯛の鱗は柔らかいので調理すれば食べられます。

唐揚げにしても美味しいですね。

きまぐれクックさんが「白甘鯛」を料理した動画がコチラです。

刺し身と酒蒸しにして美味しそうですが
スプーンのムーミンが気になってしまいました。

白甘鯛の酒蒸しを食べてみたいですね。

同じくきまぐれクックさんの動画ですが
甘鯛に油をかけてパリパリにしてから
塩焼きにしています。

鱗がパリパリの甘鯛も良いですが、
昆布しめにしてウニを乗せて食べるのは
めちゃめちゃ美味しそうで、真似したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事