講師

教育系ユーチューバーとして話題になっている
「エクセル兄さん たてばやし淳」について調査します!

 

スポンサーリンク

エクセル兄さん たてばやし淳のwiki風プロフィール

名前は、たてばやし淳

生まれ年は、1986年

出身地は、神奈川県横浜市

たてばやし淳さんは、「エクセル兄さん」として
エクセルのオンライン講座をユーチューブで配信したり
MOS試験の対策本を発行したりしています。

ユーチューブでエクセルの解説動画を配信している他、
ベース講座の動画も配信しています。
⇒ https://www.youtube.com/user/slapbass109/

自分の理解した内容を
人に教える事ができる人って
尊敬します。

音楽とパソコンって、全く違う分野だと
思うのですがどちらも、人に教える事が
できるのがスゴイですね。

 

エクセル兄さん たてばやし淳の人気動画

ユーチューブの
エクセル兄さん たてばやし淳チャンネルは
コチラです。
⇒ https://www.youtube.com/user/LifeworkKnowledge/

「エクセル兄さん たてばやし淳」チャンネルの
登録者数は2.72万人、
総視聴回数は約320万回です。

エクセル兄さんの視聴回数が最も多い人気動画は
コチラです。

以外というか予想外のタイピング練習の動画でした。

スマホが普及してキーボードを使った事がない
新入社員が増えているようですが

私達が新入社員だった頃は、
パソコンを触った事がないのが
普通でした。

会社に置いてあるパソコンもグループに1台とかで
何か入力する時に順番待ちして利用していました。

私は、ソフト開発会社にプログラマーとして
入社したので、
新入社員研修でブラインドタッチの練習をしました。

キーボードに1行表示の液晶ディスプレイが付いた
ゲーム機みたいな練習装置があって、

1分間で何文字入力できるのか
計測したものです。

しかし、あれって、あまり意味がありません。

キー入力する時は、日本語でも、プログラミング言語でも
言葉を入力するので、指の動かし方に流れがあります。

ランダムに何文字入力できるかより、
プログラムソースを何行入力できるかが重要です。

実際、キーボードの文字が消えてしまっても
日本語やプログラミング言語は入力できますが

「Q」の文字はどこ?とか聞かれても思い出せません。

不思議なものです。

エクセル兄さんの視聴回数が多い動画に
Wi-Fiに関するものがありました。

エクセルに関する動画よりも、
ブラインドタッチやwifiなどの動画の
視聴回数が多いのは不思議な感じですが、

エクセルよりも検索される頻度が
高いのかも知れませんね。

私もエクセル動画を作ってみようかと思ったのですが
最新版のエクセルは全くわかりません。

「XLOOKUP」という関数ができたのですね。

正式にエクセルの使い方を学んだ訳ではないので
ピボットテーブルなどの使い方も理解していません。

エクセルお兄さんの動画で学んでみたいですね。

理解できないかも知れない・・・。

そこまで大変な事をするのなら、
Accessにデータを取り込んで

SQLでまとめてからグラフ化した方が
早いし簡単だと思ってしまいます。

 

エクセル兄さん たてばやし淳のツイッター

エクセル兄さん たてばやし淳の
ツイッターアカウントはコチラです。
⇒ https://twitter.com/excel_niisan

エクセルだけでなくワードや
パワーポイントもそうですが

他人が作ったファイルを見ると
「もっと簡単にできるのになぁ」と
思うことがよくあります。

エクセルは柔軟性の高いソフトウェアなので
見た目の結果が同じでも
それを導き出す方法が違う事がよくあります。

SUM関数を知っているか知らないかだけでも
数式の見易さが変わり、

エクセルシートのメンテナンス性が
高くなります。

MOS資格勉強をする事で、
エクセルの正しい使い方を覚えると
生産性は格段に高くなります。

さらに一歩すすんで、
何でもエクセルでやろうとせず

ソフトウェアの適性を掴んで、
使い分けができるようになると良いですね。

エクセルをワープロソフトのように使って
契約書を送ってくる取引先が今もいるので
勘弁して欲しいです。

スポンサーリンク