バナナの叩き売り

10月19日(土)から放送が始まる
土曜ドラマ「少年寅次郎」について調査しました!

スポンサーリンク

井上真央主演の土曜ドラマ「少年寅次郎」

「寅次郎」といえば
「男はつらいよ」の寅さんですね。

寅さんといえば渥美清さんですが
おっさんのイメージです。

「少年」と言われてもピンと来ないですね。

「少年寅次郎」は山田洋次さん原作の
小説「悪童 寅次郎の告白」を
テレビドラマ化したものです。

脚本は「ひよっこ」や「ちゅらさん」でも
脚本を担当した岡田惠和さんです。

井上真央さんが出演した朝ドラ「おひさま」も
岡田惠和さんが脚本でした。

土曜ドラマ「少年寅次郎」は
2019年10月19日(土)スタートで
毎週土曜日の午後9時から9時49分まで
全5回の放送です。

「少年寅次郎」あらすじ

「少年寅次郎」は寅さんが子供の頃の話です。

寅さんは、226事件が起きた
昭和11年2月26日に帝釈天の参道にある
団子屋の子供になったそうです。

時代は戦争に向けてすすんでいます。

寅さんが小学生だった時に
戦争が始まります。

「少年寅次郎」は寅さんが家出する
14歳までを描いた作品で、

主人公は寅さんの育ての母
「車光子」です。

母親と悪ガキ寅ちゃんの関係が
物語の中心になりそうです。

「少年寅次郎」出演者

「少年寅次郎」の主人公は
寅さんの育ての母である「車光子」で
井上真央さんが演じます。

寅さんの父「車平造」は毎熊克哉さん、
おいちゃん「車竜造」は泉澤祐希さん、
竜造の妻「車つね」は岸井ゆきのさん、
帝釈天住職の御前様は石丸幹二さんです。

おいちゃんといえば「下條正巳」さんで
おばちゃんといえば「三崎千恵子」さんですね。

若いおいちゃんやおばちゃんが
しっくりこないので、
全く別の物語として見た方が良いでしょうね。

主演した井上真央さんのインタビューが
NHKのホームページに掲載されています。

寅ちゃんを演じた子役が誰なのか気になりますね。

生まれた時から14歳までの寅次郎が登場するので
ひとりではないと思いますが、

まだ出演者として名前が出ていないので、
情報がわかり次第更新したいと思います。

「男はつらいよ」の思い出

渥美清さん主演の「男はつらいよ」は
お正月に映画館でよく観ました。

テレビでも放送されていたので
ほとんどの作品を見ていると思います。

それほど熱狂的なファンという訳ではありませんが
放送していれば見てしまう感じです。

お正月に映画館でよく観たのは、
祖父や祖母に連れていかれたのが理由です。

初詣の帰りに映画館に寄って寅さんを見るのが
決まりのような感じでした。

祖父と祖母が元気だった頃は、
毎年観に行っていました。

あまり祖父と外出した記憶が無いのですが
お正月の映画だけは今でも覚えています。

寅さんの姿を見て、大人になったら自分も
ああるのかなぁ?とか考えていましたが
全く違う大人になったように感じます。

自分が大人になってみると
寅さんのような生き方は無理ですね。

明日、収入があるか無いか分からない生活は
とても不安で生きていけません。

家族がいなければ、
まだ少し考えが変わるのかもしれませんが

毎月給料がもらえるサラリーマンに慣れてしまうと
フーテン生活はできないですね。

高度経済成長などであくせく働く日本人が
たくさんいたので、フーテンの寅さんが
あこがれの存在になっていたのでしょうか?

「少年寅次郎」見逃し動画の配信予定

「少年寅次郎」は土曜ドラマで放送されるので
NHKオンデマンドで見逃し配信されると思います。

しかし、今のところ、NHKオンデマンドでも
詳しい情報が掲載されていません。

見逃し動画の配信予定がわかり次第
情報を更新したいと思います。

NHKオンデマンドでは、井上真央さんが主演した
連続テレビ小説「おひさま」を
見逃し配信していませんね。

「おひさま」は長野の安曇野を
舞台にした物語です。

土屋太鳳さんや中川大志さんが出演していました。

土屋太鳳さんは記憶があるのですが
中川大志さんは覚えがありません。

井上真央さんのお兄さん役だったそうです。

ピエール瀧さんも出演していたので
配信できないのでしょうか?

「あまちゃん」は見逃し動画配信されているので
ピエール瀧さんが原因という事では
なさそうですね。

スポンサーリンク