ラグビーワールドカップの
日本対サモアが10月5日(土)に
豊田スタジアムで開催されます。

サモアといえば、試合前に「ウォークライ」と
呼ばれる踊りが披露されますね。

ウォークライで有名なのは、
NZ代表オールブラックスの「ハカ」です。

マオリ族

 

スポンサーリンク

ニュージーランド代表のHaka(ハカ)動画

ラグビーニュージーランド代表の
オールブラックスが試合前に
「ハカ」という民族舞踊を踊ります。


ハカはニュージーランドのマオリ族の民族舞踏です。

本来は、マオリ族が戦いの前に、自らの力を誇示し
相手を威嚇するための舞踏です。

「マオリ」を「マリオ」と打ち間違いしてしまうのは
私だけでしょうか?

日本で武士が戦の前に名乗りをあげるのと
同じでしょうね。

「やあやあ我こそは」ってのと
同じ感じがしますが、

南アフリカ戦の前に披露されたハカは
かなり挑発的な感じがしました。

「ハカ」は英語で「ウォークライ(War Cry)」と
呼ばれています。

ニュージーランドでは一般的な民族舞踏で
相手に対し敬意を表する意味で踊ることから
様々なお祝いの席や式典などで披露されます。

ラグビーNZ代表が踊るハカ「カマテ」の意味は
以下のとおりです。

私は死ぬ! 私は死ぬ!
私は生きる! 私は生きる!

見よ、この勇気ある者を。
ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!
一歩はしごを上へ! さらに一歩上へ!
一歩はしごを上へ! そして最後の一歩!
そして外へ一歩!
太陽の光の中へ!
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ハカ_(ダンス)

ラグビーのニュージーランド代表が
国際試合の前にハカを披露する事は有名ですが

ソフトボールや野球、サッカーなどの
国際試合でもニュージーランド代表が
試合前にハカを踊ることがあるそうです。

試合前のウォークライは選手の気持ちも
高ぶるでしょうね。

 

サモア代表のSiva Tau(シバタウ)動画

サモア代表のウォークライは「Siva Tau(シバタウ)」です。

2015年に行われたラグビーW杯の時の映像ですが
NZ代表の「ハカ」に比べて、揃っていませんね。

シバタウはハカに比べてリズミカルで動きが早いので
揃えるのは大変かも知れません。

オールブラックスも以前は揃っていなかったり
ダンスのキレが悪かったりしましたが、
練習して完成度を高めているそうです。

今年のW杯では、サモア代表も完成度を
上げてきているようです。

ウォークライの間、相手チームのメンバーは
肩を組んで観ています。

相手の事を尊重する姿勢が素晴らしいですね。

サモア代表が新聞で紹介されていました。

筋肉質な肉体で荒々しいプレーをするのに
試合が終わるととても紳士なのが
ラグビー選手の魅力でしょうか。

日本人もタトゥーに対する認識が変わって
きているので、そこまでナーバスになる事は
ないと思いますが、

とても日本人に対する思いやりを感じます。

サモア代表のラグビーワールドカップの試合は
コチラで調査しました。

 

フィジー代表のCibi(シビ)動画

フィジー代表のウォークライは「Cibi(シビ)」です。

訳し方の違いでしょうか?

「ジンビ」と紹介されていますね。

鶴翼の陣形で防御に適した形ですね。

フィジー代表が守り堅いのか不明ですが、
ウルグアイにまで負けてしまい

2連敗と苦しい状態なので、
がんばって欲しいですね。

 

トンガ代表のSipi Tau(シピタウ)動画

トンガ代表のウォークライは「Sipi Tau(シピタウ)」です。

ウォークライの間は、
相手の踊りが終わるまで見ているのが
普通ですが、

2003年のNZ代表対トンガ代表戦では、
それぞれが高ぶってしまい、
ハカ対シピタウの対決になってしまったようです。

ニュージーランド代表はプールB、
トンガ代表はプールCなので、

ハカとシピタウの対決を見るには
準決勝以上でないと難しいようです。

 

柏ハカ動画

日本にも「ハカ」があるのをご存知ですか?

「柏ハカ」です。

千葉県柏市のラグビー協会と交流のある
NZオークランド市ラグビー協会のコーチで
マオリ出身のカール・ポキノさんが制作したそうです。

オールブラックスの公式チャンネルでも
紹介されています。

柏ラグビースクールの子どもたちが
踊ったそうですが、堂々としていて
カッコいいですね。

こういった事からラグビーが
注目されるのは良いですね。

ワールドカップの開催を機に
もっとラグビーの人気が高くなると良いですね。

ところでラグビーの試合を見ていて
選手の背中の膨らみが気になりませんか?

あそこに何が入っているのか調べてみました。

ラグビーW杯見逃し動画を観る方法!

ラグビーワールドカップ2019の見逃し動画は
一部試合を除いてNHKオンデマンドで配信されています。

放送日の翌日から配信されるので10月2日に予定されている
「日本」対「サモア」の試合は
10月6日から配信が予定されています。
⇒ https://www.nhk-ondemand.jp/share/calendar/

NHKオンデマンドはU-NEXTで視聴可能です。

ラグビーワールドカップ2019
>>今すぐ【ラグビーワールドカップ2019】を観る<<

ラグビーワールドカップ2019は
2019年11月30日23:59まで配信されます。

期間限定ですので、ご注意ください。

NHKオンデマンドでは、
ドラマ「ノーサイドゲーム」で浜畑を演じていた

元ラグビー日本代表主将の
廣瀬俊朗さんが解説をしている

「日本」対「ロシア」の
試合も配信されています。

ご注意ください

※配信作品については2019年9月27日時点の情報です。
※最新の配信作品についてはU-NEXTの公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク