防災グッズ

台風15号の影響で関東では大規模な停電が続いています。

電柱が倒れたり、倒木で電線が
切れたりしているのかと思ったら、
千葉県で高圧線鉄塔が倒壊したそうです。

これは復旧まで時間がかかるかも知れませんね。

停電の時に使える100均グッズが
何かないか調べてみました。

 

スポンサーリンク

照明やライト

昼間は良いですが、
夜になって真っ暗になると
少し怖くなってしまいます。

100均グッズには照明やライトが
豊富にあります。

乾電池式のモノやソーラー発電で
発光するモノなどイロイロあるので
灯りはすぐに確保できそうです。

懐中電灯とペットボトルがあれば
ランタンが作れます。

スマホのライトでも明るくなるので
照明は対策しやすいかも知れませんね。

暗くなる前に停電が復旧してくれれば
うれしいですが

かなり被害が大きいようなので、
復旧に時間がかかる場所も出てきそうです。

 

扇風機

台風一過で天気が良くなり、
気温が上昇しているようですが、

ここまで暑くなると
停電は厳しいですね。

熱中症対策は大丈夫でしょうか?

タイミング的に今から見つけるのは
難しいかも知れませんが
100均ではハンディ扇風機も販売していました。

今年は若い人たちを中心に
ハンディ扇風機が流行しました。

100円ショップでもイロイロなタイプの
ハンディ扇風機が販売されていたようです。

USBタイプの小型扇風機があれば、
モバイルバッテリーにつないで
長時間涼しくなりますね。

扇風機だけでは暑さを凌ぐのに限界がありますが、
ダイソーの商品を利用して簡易クーラーを
作ってしまう猛者もいました。

停電していると、エアコンも冷蔵庫も使えません。

冷えた保冷材は手に入らないかも知れませんね。

最悪、車の中でエアコンを付けて過ごすしか
方法が思いつきません。

エンジンをつけたままで過ごすと、
すぐにガソリンが無くなってしまうかも
知れません。

氷などはコンビニで購入できますが、
コンビニも停電でレジが使えず
閉店しているお店が多いそうです。

北海道のセイコーマートのような
コンティンジェンシープランがある
お店は少ないかも知れません。

飲み物も手に入れにくくなると
熱中症対策が心配になってしまいます。

 

携帯トイレ

停電になると水道も止まってしまう事があります。

マンションなどは、屋上の貯水槽に
ポンプで水を汲み上げますが

停電でポンプが止まってしますと
水道が使えなくなります。

飲み水は、ミネラルウォーターなどを
購入して凌ぐとしても、
トイレが使えなくなるのは困ります。

そこで使えるのが携帯トイレです。

長距離のドライブなどで使える
携帯トイレは100円ショップで販売されています。

携帯トイレは車の中に常備しているのですが
いつ購入したのか忘れてしまったぐらい
古いモノです。

今でも使えるのかな?

震災時などは、
簡易型トイレが設置されたりしますが
停電の時はどうなんでしょう?

地域全体で停電しているので
避難所でもトイレが使えないかも知れませんね。

自家発電のあるような場所でも
トイレは使えないかも知れません。

ウォシュレットもあるそうです。

最初は「誰が使うの?」なんて思っていたのに
ウォシュレットを使う事に慣れてしまったので
無いと困ってしまうんですよね。

会社のトイレにウォシュレットが無いので、
携帯用に購入しようかな?

水が使えなくなると洗い物や洗顔、
ハミガキにも支障がでます。

使い捨ての紙食器や、
洗顔用のフェイスシートなども
100円ショップで購入できるので
準備しておくと良いかも知れません。

蒸し暑くて、シャワーぐらい浴びたいですが
水が出ないとどうにもなりません。

ボディシートで我慢するしかないでしょうか?

 

防災グッズの見直し

台風や地震のニュースを聞くと、
防災グッズが必要だと思い購入するのですが、

購入した後、そのままにしてしまうので
非常食の消費期限が切れていたり
電池が液漏れしたりして、

実際に必要な時に
懐中電灯が使えなかったりします。

セットになっている防災グッズは
必要なモノが一通り入っているので
とても便利ですが、
結構な値段がするんですよね。

そんなに毎回毎回、
セットで買いなおす訳にはいきません。

定期的に防災グッズの見直しをして、
必要なモノだけ購入しなおせば
お値打ちに対策できます。

防災グッズの中には、電池など
日常生活で使えるモノも沢山あるので
上手く生活の中に非常時でも使えるモノを
取り込んで、

イザという時に慌てなくても済むように
したいですね。

スポンサーリンク