献立スロットル

これ、レシピサイトでアプリになるんじゃないですか?

 

スポンサーリンク

ママを救う!献立スロットマシーン

えみりーさんがツイッターに投稿したのは
小学5年生の息子さんが学校の自由研究で作った
「ママを救う!献立スロットマシーン」です。

「ママを救う!」というのが泣かせるじゃないですか。

夕ごはんを考えるのがメンドウというのは、
私の妻も言っています。

作るのも大変だと思いますが、
その前から大変な事は始まっているんですよね。

えみりーさんの息子さんは、
そんな大変なお母さんを助けたいと思って
考えた末、

「6年間献立考えなくていいよ!」って
献立スロットマシーンを作ってくれたそうです。

自由研究というより、発明品ですね。

実用新案を取った方が良いですよ。

登録商標も必要ですね。

レシピサイトと連携したアプリを作ったら
人気になりそうです。

夏はそうめんとか冷やし中華で
冬は鍋など、季節によって、
少しずつメニューを変えたりして

お弁当のおかずバージョンとか、
ダイエットや健康食バージョンなど
色々なアイデアが出てきそうです。

 

ツイッターの反応

えみりーさんのツイートに多くの人が反応しています。

えみりーさんのツイートは、2019年8月29日時点で
約1.3万のリツイートと3.7万のいいねがあります。

バズってますね。

 

スポンサーリンク

お母さんのための発明

必要は発明の母と言いますが、
母親のために発明品を思いつくのは
今も昔もかわりありません。

ドクター中松が灯油ポンプを発明したのは、
母親が醤油を一升瓶から醤油差しに移し変えるのが
大変そうだったから言われています。

※灯油ポンプのメーカーはドクター中松の発明を否定しているそうです。

発明ではありませんが、子供が小学生の時に
「肩たたき券」とか作ってくれるのって
親としてはうれしいですよね。

どこで覚えたのか知りませんが、
母親が大変そうだからと気遣ってくれるだけで
うれしくなってしまいます。

スポンサーリンク
おすすめの記事