介護界の「きみまろ」を自称する
「ごぼう先生」について調査します!

 

スポンサーリンク

ごぼう先生(簗瀬寛)のwiki風プロフィール

名前は、簗瀬寛(やなせひろし)

介護の「ご」と予防の「ぼう」で
「ごぼう先生」と呼んでいます。

介護界の「きみまろ」とも自称してみえます。

株式会社GOBOU 代表取締役

生年月日は、1985年7月23日

出身地は、愛知県岡崎市

日本福祉大学の通信制を仕事をしながら卒業し、
2014年に株式会社GOBOUを設立。

 

ごぼう先生(簗瀬寛)がCDデビュー

趣味のボクシングではインターハイや国体に出場した経験を活かし
2018年1月1日「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」に出場します。
⇒ https://abematimes.com/posts/3470412

2019年のお正月には、
ZOZO前澤友作社長のお年玉企画で100万円を獲得し、
そのお金を使ってCDデビューするそうです。

紅白出場の夢が叶うでしょうか?

その前に、24時間TVに出演しそうな気がします。

 

スポンサーリンク

令和イス体操の人気ユーチューブ動画

ごぼう先生の人気動画を紹介します。

 

健康寿命って何?

健康寿命とは、日常的に医療や介護に依存せず、
自立した生活ができる生存期間のことです。

日本人の平均寿命は、
男性で81.25歳、女性で87.32歳でした。

健康寿命については、最新データが見つかりませんでしたが
2016年で男性が72.14歳、女性が74.79歳です。

平均寿命では6歳以上の差がありますが、
健康寿命だと、2歳ぐらいしか違いがありません。

平均寿命から健康寿命を引いた期間は
男性で8.84年、女性で12.35年です。

出典:http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2019/008174.php

単純に考えて、10年近く介護が必要になるのですね。

どの程度のサポートが必要になるのかまではわかりませんが
少しでも健康寿命を長くする必要がありそうです。

健康を維持するために体操はとても良い手段です。

暑いのに無理して外で散歩しなくても、
家の中で体を動かす事で健康に良い効果があるのなら
少しずつでも実践したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事