子供の頃、寝台特急のブルートレインに憧れていました。

大人になったらブルートレインに乗って、
旅行に出かけたいと思ったのですが
大人になったら、ほとんどが廃止されていました。

電車に乗ると酔ってしまう事がわかったので、
長距離の移動で鉄道を選択する事はまずないのですが
豪華列車と聞くと乗ってみたくなります。

豪華列車といえば、JR東日本の「四季島」、
JR西日本の「瑞風」、
JR九州の「ななつ星」が有名ですが、

今回は「トランスイート四季島」について調査します!

 

スポンサーリンク

TRAIN SUITE 四季島とは?

トランスイート四季島は、2017年5月から運行が始まった
JR東日本が手がけるクルーズトレインです。

豪華客船クルーズの列車版ですね。

寝台列車に乗って各地を巡り、
停車駅で観光して出発駅まで戻ってきます。

コースによっては、
乗車駅と下車駅が違う事もあるかも知れませんが

トランスイート四季島で設定されているコースは
今のところ上野駅発着のモノばかりです。

トランスイート四季島の魅力は、
豪華な内装の専用列車です。

もちろん、お値段も豪華です。

現在申し込みできる3泊4日のコースで
最も豪華な四季島スイートは、
1名様1室利用で150万円となっています。

2名様1室利用で100万円なので
夫婦で利用すると200万円ですね。

最もお値打ちなスイートでも
1名様1室利用で120万円、
2名様1室利用で80万円となっています。

クルーズ船の旅行が安くなっているので
下手に海外に行くよりも
トランスイート四季島の方が豪華な旅を味わえますね。

3泊4日のコースは月曜日出発ばかりなので
長期休暇が取得しやすい人でないと難しいですね。

 

鈴川絢子さんのトランスイート四季島の乗車体験動画

鉄道好き芸人の鈴川絢子さんが
トランスイート四季島に乗車した時の動画がコチラです。

3泊4日の行程を約3時間にまとめています。

ずっと、列車内で宿泊かと思っていたのですが、
登別では旅館に宿泊するのですね。

セレブ感満載です。

同じ列車に鉄道系ユーチューバーのスーツ交通さんが
乗っていたそうでそちらの動画も気になりますね。

 

スーツ交通さんのトランスイート四季島の乗車体験動画

スーツ交通さんが投稿している
トランスイート四季島の動画はコチラです。

トランスイート四季島関連の動画は全部で7本あるみたいです。

【150万円】トランスイート四季島 A寝台個室スイート乗車記① 鈴川絢子さんが乗っていた!【1906四季島1】上野駅→日光駅 6/17-01
⇒ https://youtu.be/jQ6Lx-6nAv8

【150万円】トランスイート四季島 乗車記② 青函トンネルを抜けて北海道へ!【1906四季島2】日光駅→函館駅 6/18-02
⇒ https://youtu.be/7uAkblieBog

【150万円】トランスイート四季島 乗車記③ JR北海道内の走行 函館・室蘭本線【1906四季島3】函館駅→伊達紋別駅 6/18-03
⇒ https://youtu.be/vuxgqO7HhpQ

トランスイート四季島乗車記④ 北海道新幹線と青函トンネルですれ違う!【1906四季島4】洞爺駅→青森駅 6/19-01
⇒ https://youtu.be/eiWQbqn53Z4

四季島ツアー中に地震が発生 予定を変更して上野へ戻る【1906四季島5】青森駅→上野駅 6/19-02
⇒ https://youtu.be/BikYb05q9M4

途中で地震が発生したのですね。

どの動画も1時間程度で編集されているので、
コチラの方が視聴しやすいかも知れませんね。

番外編っぽい動画もありました。

【JR東日本】四季島の風呂で洗濯する【ひとくち動画#11】
⇒ https://youtu.be/W-IDWEVxzr0

 

豪華列車を楽しむためには?

これが大切なんだと思いますが、
トランスイート四季島に乗った
スーツ交通さんの感想動画がありました。

150万円払ってトランスイート四季島に乗った正直な感想


⇒ https://youtu.be/wvlruBQe6j4

トランスイート四季島が鉄道好きな人向けというよりも
ラグジュアリーな旅を楽しみたい人向けという感じです。

普段から、豪華客船のクルーズ旅行や
高級旅館や高級ホテルに慣れた人だと、
違った感想になるのかも知れませんね。

旅行の楽しみ方は人それぞれですが、
どんなコンセプトで旅行が企画されているのか

豪華になればなるほど、
事前に確認しておいた方が良いでしょうね。

しかし、鉄道って、いろいろな楽しみ方がありますね。

旅行を楽しむのか、鉄道を楽しむのかで、
トランスイート四季島の評価も変わりそうです。

スポンサーリンク