デモ

韓国で「反日種族主義」という本が出版され、ベストセラーになっているそうです。

反日種族主義(大韓民国の危機の根源)韓国書籍 これ以上、無視できない記憶との闘い、 その歴史についての明快な答え [並行輸入品]

 

スポンサーリンク

反日種族主義の内容は?

韓国といえば全国民が反日かと思っていたのですが、
冷静に歴史の事実を把握しようとしている人たちもいるようです。

実際に「反日種族主義」を読んだ訳でもなく、
また「反日種族主義」が手もとにあっても
日本語に訳されていなければ読めないのですが

伝え聞くところでは、徴用工や慰安婦などの歴史問題で
これまで韓国で常識とされていた事を
ひっくり返すような内容という事です。

日本で考えられている徴用工や慰安婦と
韓国では全く違うもののように感じます。

韓国で徴用工と紹介されている人たちでも
日本では強制的に連れてこられて労働した人たちと

募集や出稼ぎで日本に来た人たちを分けて考えるのが
多くなってきています。

また元徴用工への補償についても、1965年に締結された
いわゆる「日韓請求権協定」で解決済みというのが日本の立場で、
個人への賠償は別というのが韓国の考えのようです。

そのような韓国では常識となっている考え方とは違う内容を
「反日種族主義」では書かれているのでしょうか。

 

反日種族主義の日本語版はいつ発売される?

「反日種族主義」がどのような内容なのかわかりませんが
日本語訳されなければ読むことができません。

日本語版が出版される予定は無いのでしょうか?

たとえ日本語版が出版されたとしても、
どのように翻訳されるのかわからないので

韓国人の感情を正しく受け止める事ができるのか
わかりませんが、読んでみたいと思います。

ご近所付き合いって、難しいですよね。

隣の家の人との付き合い方って、気を使います。

土地の境界のいざこざはありませんが、
庭の木の枝が境界を越えているとか、
洗濯物が飛んでいってしまい、迷惑をかけたとか
よくある話です。

日本と韓国では、竹島の領有に関する領土問題もあります。

お隣の国だからこそのトラブルが日本と韓国の間には存在します。

 

韓国と仲良くなる方法

ファッションや音楽で韓国を支持する若い人が多いようです。

日韓関係がゴタゴタした7月以降であっても
韓国旅行を楽しむ若い日本人が多い事にビックリしました。

テレビで反日デモの様子が報道されていたので
私のようなおじさんは、
怖くなって韓国旅行は控えてしまいますが

若い人の感覚は違うようです。

トラブルに巻き込まれるような事も無いみたいです。

今は、韓国よりも香港の方が危険な感じですね。

若い人たちのように、韓国好きの人が増えれば
近い将来、日本と韓国は仲良くなれるのかも知れません。

日本と中国の関係でもそうですが、
歴史認識について、
客観的に評価できる仕組みは無いものでしょうか?

日本もそうなのだと思いますが、
自国の都合の良いように歴史を解釈して
政治に利用しているようにしか見えません。

冷静に議論できる学会とかあると良いのでしょうね。

スポンサーリンク