もみじ

東海地方で紅葉の名所として有名な「香嵐渓」について調査します!

 

スポンサーリンク

香嵐渓とは?

「香嵐渓」と書いて「こうらんけい」と読みます。

愛知県豊田市足助町にある渓谷で紅葉やカタクリの花などが有名です。

自然豊かな香嵐渓では、四季折々に彩られます。

春はニリンソウやシャガなどの山野草、
初夏には新緑、秋の紅葉、冬は雪景色が楽しめます。

特に、毎年、多くの観光客が紅葉狩りを楽しみに香嵐渓を訪れます。

香嵐渓の紅葉は、香積寺十一世の三栄和尚が、
寛永11年に植えたのが始まりといわれています。

人の手で植えられ、多くの人の協力で今も保全活動が行われています。

 

香嵐渓もみじまつり2019のスケジュールは?

2019年の香嵐渓もみじまつりのスケジュールは
まだ発表されていません。

わかり次第、情報を更新いたします。

2018年に開催された第63回香嵐渓もみじまつりは、
11月1日から11月30日のスケジュールで開催されました。
⇒ http://asuke.info/event/nov/entry-705.html

期間中、ライトアップが行われ、
日没から21時まで幻想的な紅葉が楽しめました。

JAZZのステージやチンドンパレードなど
来場者が楽しめるイベントが多数開催されます。

インスタグラムフォトコンテストも開催され
きれいな紅葉風景がインスタに投稿されています。

 

香嵐渓もみじまつりのおすすめユーチューブ動画

「香嵐渓もみじまつり」で検索したユーチューブ動画で
再生回数が多いのはコチラです。

2018年の香嵐渓もみじまつりの様子はコチラです。

 

香嵐渓への交通アクセス

香嵐渓の場所はコチラです。

公共交通機関は、バスになります。

名鉄名古屋本線「東岡崎駅」から足助行きバスに乗り「香嵐渓」で下車します。

もしくは、愛知環状鉄道「八草駅」から香嵐渓行き直通バスを利用します。

2018年は、11月11日から30日まで、臨時バスが運行されていました。

自家用車で行く人が多いでしょうね。

香嵐渓まで行く道は限られているので周辺道路は混雑します。

毎年、紅葉シーズンになると、渋滞になるようですので、
準備して、覚悟した上で出かけると良いでしょう。

香嵐渓で宿泊するなら、香嵐渓の中心に位置する香嵐亭

スポンサーリンク