【スポンサーリンク】

金メダル

2020年に開催される東京オリンピックで授与されるメダルのデザインが発表されました。

とても重厚感のデザインが採用されました。

 

【スポンサーリンク】

2020東京五輪メダルのデザインは川西純市さん

2020年に開催される東京オリンピックのメダルデザインが公開されました。

おもて面は国際オリンピック委員会の規定に基づき、
パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像、大会の正式名称、
オリンピックシンボルなどが描かれています。

羽根の付いた女神は「ニケ」なんですね。

ナイキの社名の由来となった女神です。

裏面のデザインは、デザインコンペの応募作品から
サインデザイナーの川西純市さんのデザインが採用されました。

光や輝きをテーマに、無数の光を集めて反射させる渦状のデザインに仕上げたそうです。

こちらが裏面なんですね。

メダルは、全国から集めた使用済み携帯電話や小型家電から取り出した
リサイクル金属を使って制作されています。

 

【スポンサーリンク】

メダルケースのデザインは吉田真也さん

メダルリボンは東京五輪2020を象徴する藍色と紅色を用いた組市松紋がデザインされています。

メダルケースは千葉県のデザイナー吉田真也さんが意匠を担当。

国産のタモ材を使用し、北海道津別町の家具メーカー山上木工が制作した木製ケースが採用されました。

メダルケースは円形で、メダルの存在感を引き立たせています。

立ててメダルを飾ることができるそうです。

 

【スポンサーリンク】

オリンピックの記念品

2016年に開催されたリオ五輪では、体操の白井健三選手に
「歯ブラシたて?」と言われて話題になりましたが、
メダルと一緒に記念品が贈呈されます。

メダル以外にも記念品が贈呈されているようですが、
東京五輪でも、何か準備されるのでしょうか?

こちらも話題になりそうです。

 

美濃手すき和紙を使った表彰状

オリンピックでは、1位から3位の人にメダルが授与されますが
4位から8位の入賞者には症状が授与されるそうです。

知りませんでした。

メダルセレモニーというのは見た事があるのですが、
賞状を渡すシーンを見た事がありません。

2020年の東京オリンピックで入賞者に授与される賞状に
美濃手すき和紙が採用される事が決まりました。

こちらもどんなデザインになるのか気になりますね。

せっかく和紙を使うなら、毛筆で伝統的な賞状にすれば海外の選手には喜ばれるのではないでしょうか?

因みに、1964年の東京オリンピックの賞状は、こんなデザインでした。
⇒ http://olympic-museum.de/diploma/olympic-winner-diploma-1964.php

過去のオリンピックの賞状のデザインがまとめられています。
⇒ http://olympic-museum.de/quickview/all_diplomas.htm

【スポンサーリンク】