ラグビー

大学の部活の先輩を振り込め詐欺グループの受け子に勧誘したとして日本大学の学生が警察に捕まりました。

 

スポンサーリンク

藤島健人容疑者の顔写真

日本大学3年生で昨年までラグビー部に所属していた藤島健人容疑者(20歳)は、2019年2月に東京都調布市に住む70代の女性からキャッシュカードをだまし取った疑いが持たれています。

テレビのニュース番組で報道された藤島健人容疑者の顔写真はコチラです。

この事件では、すでにキャッシュカードの受け取り役として井村優太被告が起訴されていますが、藤島健人容疑者が部活の先輩だった井村優太被告を電話で勧誘していたそうです。

藤島健人容疑者は、警察の調べに対し「理由がよくわかりません」と容疑を否認しているそうです。

 

日本大学ラグビー部

日大ラグビー部のツイッターには、2017年の試合で、藤島健人容疑者の名前を見る事ができます。

井村優太被告の名前も、2016年の試合で見る事ができます。

藤島健人容疑者は、群馬県の明和県央高校の出身です。

ラグビー選手としては優秀だったようですが、ラグビー部を辞めた後、何をしているのでしょうね。

 

振り込め詐欺グループ

振り込め詐欺グループは機能が細分化されて会社組織のように運営されていると聞いた事があります。

カラテカの入江さんは、吉本の芸人仲間を誘って振り込め詐欺グループの忘年会に出演し、吉本との契約が解消されてしまいました。
⇒ カラテカ入江の闇営業忘年会に出席の芸人は誰?宮迫と田村の処分は?

入江さんは、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社の忘年会と聞いていたそうです。

振り込め詐欺グループのメンバーとエステティックサロンの従業員が同じように思えるぐらい組織化されていたのでしょうね。

気をつけないと、知らない間に、振り込め詐欺グループに就職していた、なんて事になってしまうかも知れません。

儲かるからと安易に仕事を決めてしまうと危険ですね。

スポンサーリンク