カレー

我が家では2日目のカレーはそうめんをつけて食べます。

以前は、カレーうどんにして食べていたのですが、最近は、そうめんが多いです。

そうめんにするメリットは、大量にカレーを消費する事です。

そうめんにカレーが絡んで、白飯やうどんにかけるよりも、カレーを食べる事になります。

 

スポンサーリンク

そうめんにカレーは合う?

この投稿をInstagramで見る

 

影正 一貴(ClubBAGSY)さん(@kagemasakazutaka)がシェアした投稿 -

そうめんの好きな食べ方を100人の方に聞いたところ、「カレーそうめんが大好き」という方が見えました。

埼玉県在住の20代女性
私はカレーそうめんが大好きです。前日の残り物のカレーに麺つゆと水を加え、カレーうどんの汁を作る要領で伸ばしていきます。出汁は入れても入れなくてもいいです。洋風なのでそこまで必要ない気がします。そして、普通に茹でたそうめんをどんぶりによそい、カレーをかけたらできあがりです。

この方は、カレーに麺つゆと水を加えて、少し和風にされるようですね。

私は、前日のカレーを温めるだけです。

そして、カレーはそうめんと別の器に盛り付け、普通にそうめんを食べるように、カレーを付けながら食べます。

我が家のカレーは、他の家庭よりもルーが多めで、ドロッとしているのが特徴です。

そのカレーにそうめんが絡むと、濃厚なカレーそうめんになります。

そうめん2束を食べるのに、どんぶり1杯のカレーでは足りないくらいです。

上野公園にある売店「東照宮第1売店」の名物は「カレーそうめん」ということです。

 

ぶっかけそうめん

以前、ケンミンショーで「黄金そうめん」と紹介された富山の大岩そうめんが気になっています。

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo.sさん(@ryoooo5109)がシェアした投稿 -

富山県上市町にある大岩山日石寺の門前町で食べる事ができる「大岩そうめん」です。

かつお、こんぶ、しいたけでつくった出汁をぶっかけて食べるスタイルです。

出汁が黄金色でケンミンショーでは「黄金そうめん」と紹介されていましたが、ネットで調べても、そんな呼び方していないようでした。

アンケートでぶっかけそうめんが好きと回答された方も何人かみえました。

茨城県在住の30代男性
ぶっかけ系です。
一回一回、着けて食べるというよりもお皿に色々と盛り付けて食べるのがいいです。
わさびが全体にも広がりますし、ボリュームもあって食べ応えがある食べ方というのが好きです。また洗い物も減るメリットもあるからです。

茨城県在住の30代女性
ぶっかけうどんのそうめんバージョン。茹でたそうめんに刻みネギと刻み海苔を適量かけ温泉たまごものせる、味付けには普通のめんつゆを希釈しないままひと回し、ごま油もひとかけすると香ばしい匂いに食欲がそそられてなお美味しい。

 

そうめんクロワッサン

家事えもんさんが紹介した「そうめんクロワッサン」が話題になりました。

手軽で美味しいと評判です。

アンケートの回答にそうめんを「焼く」と回答された方が見えました。

千葉県在住の30代女性
いくつかあります。
1、ヤマキの「めんつゆ」で氷で割ったつゆで、食べる。
2、叩き梅と炒り胡麻と一緒にそうめんつゆで混ぜて食べる。
3、卵とニラで混ぜて、フライパンで両面焼いたのを、ソースとマヨネーズで食べる。
この3通りをよくやります。

そうめんの原料は小麦粉なので、焼くとパンやお好み焼きみたいな感じになるのでしょうか?

ネットで検索してもたくさんのアレンジレシピが紹介されています。

そのまま食べても美味しい素麺ですが、手を加えても美味しいですね。

スポンサーリンク