覚醒ナックルズによると
財界の超大物Oの動画コレクションが
海外に流出しているそうです。

スポンサーリンク

日本の財界の大物O

お金持ち

財界の超大物が持っていた
ワイセツ動画コレクションが
海外に流出した可能性があるそうです。

アメリカ法人が運営しているといわれる
有料アダルトサイトに

「日本人の富豪が集めた未公開の
 盗撮ポルノ映像と画像」と

商品説明に書かれた作品が400ドルで
今年2月に出品されていました。

この日本人の富豪ですが、
関係者の間では
「財界の大物O」と言われています。

財界の大物Oは、
政府機関で勤務した経験もある大物で

名だたる大企業の取締役を兼任する
エリートです。

ただ、数年前に、都内の駅構内で
女子大生のスカートの中を
カメラで撮影し、

東京都迷惑防止条例違反容疑で
書類送検された過去があるそうです。

所持していたモバイル機器には
動画などが保存されていて、
本人が容疑を認めたそうです。

Oさんですね。

現在はご高齢なので、役職に就いたり
していないと思いますが、

事件があった時は、大手金融機関を
はじめ、名前を聞けば誰でも
知っているような複数の大企業で

社外取締役に就き
政府機関でも役職に就いていました。

あの時、ipodに保存されていた動画が
海外に流出したのでしょうか?

カリスマ経営者

Oさんは、カリスマ経営者として
高い評価を受けた人物でした。

女性の幹部登用や労働環境改善にも
積極的だった事でも知られる一方で、

社員の大量リストラを進めたため
「冷酷なブラック企業の旗手」と
揶揄される事もあったそうです。

アメリカ流の企業経営が根本に
あったのかも知れませんね。

揶揄されても本人は気にしないタイプで
幹部社員にも

「管理するのではなく、
 人を引っ張っていくリーダーシップを
 持て」と実行力を重視していたそうです。

書類送検された時には、一部マスコミで
女装趣味や女性社員へのセクハラも
取り沙汰されました。

それでも現行犯なのに、
警察に捕まる事も無く

マスコミが事件を報道したのは
事件発生から数日後という

今で言うなら「上級国民」ですね。

今さら名前を伏せても知っている人は
知っているのでネットで調べれば
すぐに名前が出てきますが

忘れられたかも知れない上級国民の
恥を晒すと消されるかも知れませんね。

隠し撮り

撮影機器が小さくなったとはいえ、
隠し撮りをする人は、行動が怪しいので
見ていてわかりますね。

挙動不審でキョロキョロしたり、
不必要に近づいたり
通勤客とは明らかに違う動きだったり
します。

本人が用心すればするほど
行動が違ってくるので
わかりやすくなります。

そういった人と電車では遭遇した事が
無いのですが、
書店で見かけた事があります。

女性向け週刊誌のコーナーで
およそ似合わないおじさんが
ウロウロしていて、

立ち読みしている女性の後ろで
立ち止まっていました。

手提げカバンに小型カメラを
仕込んでいたのか
カバンを置く場所が
不自然だったんですよね。

どうやら怪しいと思ったのは
私だけでなかったようで、
すぐ、店員に連れて行かれました。

その後、どうなったのかわかりませんが
機械が小さくなっても
人の怪しい行動はバレやすいですね。

スポンサーリンク