沖縄で財布を無くした高校生に
帰省に必要な6万円を貸して
立ち去った人が見つかったそうです。

スポンサーリンク

猪野屋博医師の顔写真や経歴

医師

沖縄県立沖縄工業高校2年の
崎元颯馬さんは、伯父の葬儀のため
与那国島へ帰省しようとしていたところ

往復の航空券代を入れた財布を
無くした事に気が付き
パニックになっていたそうです。

それを見ていた男性が、崎元さんに
往復の航空券代6万円を貸してくれた
そうですが、

崎元さんは、男性の名前や連絡先を
聞かなかったため、
借りたお金を返したいと考えていたそうです。

Yahoo!ニュースなどネットメディアに
取りあげられた事で、
お金を貸した男性が名乗り出ました。

その男性は、埼玉県にある
イムス三芳総合病院で
脳卒中神経内視鏡センター長を
務める猪野屋博医師です。

ネットニュースを読んだ同じ病院の医師が
猪野屋さんに伝え、
沖縄工業高校に連絡したそうです。

猪野屋博医師の顔写真はコチラです。

猪野屋博
引用:https://www.ims.gr.jp/miyoshisougou/service/noushinkei.html

猪野屋博医師は、
昭和51年に新潟大学医学部を卒業し

昭和58年には東京大学脳神経外科
文部教官を務めるなどし

平成28年からイムス三芳総合病院
脳卒中神経内視鏡センター長を
務めています。

沖縄県は猪野屋博医師の母親の出身地で
猪野屋博医師の息子らも沖縄県内に住み
たびたび沖縄県を訪れるそうです。

今回の件があってなのかわかりませんが
猪野屋博医師は5月20日から
沖縄県を訪れ、

滞在中に崎元さんや学校関係者と
面談する予定ということです。

6万円の航空機代

猪野屋博医師は、崎元さんに
航空機代が6万円と聞いて

「そんなにかかるのか」と一瞬
疑問もよぎったそうです。

そうですよね。

沖縄本島から与那国島まで
どれほどの距離かわかりませんが

格安チケットなら、東京から沖縄まで
片道1万円ぐらいで行ける事もあります。

しかし、沖縄から与那国島まで
琉球エアコミューターの
通常料金は片道32600円のようです。

葬儀に出席となれば、事前に予約して
格安航空券を手に入れる事もできません。

往復で6万円はかかりますね。

ただ、そのお金を見ず知らずの人が
貸してくれたのは奇跡ですね。

このニュースを見て悪用しようと
思う輩が出ないことを祈ります。

そして、崎元さんの財布は
戻ってきたのでしょうか?

駅で切符を買った時に置き忘れたかも
知れないということですが
そちらも気になるニュースです。

スポンサーリンク