気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

吉川市障がい福祉課職員の名前や役職は?ALS患者の時間稼ぎ?

   


ALSを患う43歳の男性が埼玉県吉川市
障がい福祉課の職員から
ひどい事を言われたそうです。


スポンサードリンク

吉川市障がい福祉課職員の名前や役職は?

埼玉県吉川市に住む高田泰洋さんは
筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、
1ヶ月50時間の重度訪問介護の支給を
受けています。

介護時間を増やそうと昨年5月から
吉川市に要望していたそうです。

今月12日に初めて、障がい福祉課の
職員3人が高田泰洋さんの自宅へ
調査に来たそうです。

障がい福祉課の職員は高田泰洋さんに
「寝返りは自分で出来ますか」と
尋ねた際、

声が出せず、手も足も動かない
高田泰洋さんは、ヘルパーを介して
目の動きで会話する文字盤を使って
回答しようとしました。

すると職員の1人が
「時間稼ぎですか」と
発言したそうです。

同席していた代理人弁護士が
抗議しますが、
その場で謝罪の言葉は無かったそうです。

吉川市障がい福祉課の加藤利明課長は
職員の発言を認めたうえで

「本人ではなく代理人弁護士に
 対する発言」としています。

意味がわかりませんが、
職員が高田泰洋さんではなく
代理人弁護士に質問したという事でしょうか?

ALS患者の時間稼ぎ?

そもそも、昨年5月から要望していて
調査が今年4月って、遅すぎませんか?

時間稼ぎしているのか、
忙しくて対応できないのか
わかりませんが、

待たせて申し訳ありません、
って感じが伝わってきませんね。

できるだけ早く処理して欲しいと
思っている人に対し、

どんなに良い意味で解釈しても
「時間稼ぎ」というキーワードは
出てきません。

3人も職員が同席していて、
誰も咎めないのも気持ち悪いです。

吉川市の障がい福祉課は、
介護費用を減らす事を目的として
部署なんでしょうか?

それならそうと、障がい福祉課の
業務紹介に明記しておいて
欲しいですよね。


スポンサードリンク

アイスバケツチャレンジ

最近は、あまり聞かなくなりましたが
「アイスバケツチャレンジ」という
ALSの研究を支援するための運動が
あります。

バケツに氷水を入れて、頭からかぶるか
寄付をするのか選びます。

多くの著名人は、氷水をかぶって
同時に寄付もします。

それをユーチューブなどに投稿して
次の人を指名します。

この運動でALSの事を知った人も
多いみたいです。

私は三浦春馬さんと多部未華子さんが
出演していた「僕のいた時間」という
ドラマで知りました。

ALSだけではありませんが、
病気や障がいで助けが必要な人たちを
手助けできる世の中であって欲しいですね。


スポンサードリンク


 - 話題の出来事