4月4日発売の「女性セブン」4月18日号で
マトリがマークしている芸能人が
報じれらていました。

スポンサーリンク

国民的タレントFは誰?

女性セブンで名前が挙がっていたのは
・ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優A
・大物音楽プロデューサーのB
・結婚後もグラビアアイドルとして活躍を続ける30代のC
・元男性アイドル歌手のD
・若者のカリスマミュージシャンのE
・誰もが知る国民的タレントのF

誰もが知る国民的タレントFは
かなり範囲が広いですね。

これまでも名前が挙がっている人も
いますが国民的タレントFは誰でしょうね?

昨年夏頃に家宅捜索に入られ
「黒に近いグレー」と判断されたものの

社会的影響があまりに大きく、
完全な黒と判断できない限り
捕まえられないとの判断に
なったそうです。

似たような記事が多くて、
読み飛ばしていましたが

もし国民的タレントFが捕まる事になれば
「過去最大」の騒ぎになると
女性セブンには書いてありました。

ASKAさんや清原和博さんの時よりも
騒ぎになるという事は、
現役でテレビに出演している
タレントさんという事でしょうね。

そんなに大物が巨額の賠償金という
リスクを負ってまで
手を出す事があるのでしょうか?

ちょっと考えてしまいますね。

これまで名前が挙がっている人の中では
大物芸人Bが近いのでしょうか?

俳優やミュージシャンと
「タレント」を分けていますが、

「国民的」と付くほど多くの人が
知っているとなると
芸人さんぐらいしか思いつく人がいません。

リリー・フランキーさんはシロ

女性セブンでは、
リリー・フランキーさんについての事も
書かれていました。

リリー・フランキーさんの運転手を
していた40代の男性Gが

ピエール瀧容疑者と古くからの親友で
昨年4月に捕まっています。

それから約1年後にピエール瀧容疑者が
捕まっているので、関係があると
思われています。

当然、リリー・フランキーさんにも
疑いの目が向けられますが
女性セブンでは「シロ」と断定しています。

運転手が捕まったと聞くと、
先日アサ芸プラスが報じていた
性格俳優Hも運転手が捕まっています。

性格俳優Hとリリー・フランキーさんが
同じ人とは思えませんが
芸能界周辺で捕まる人の話題が
多くないですか?

いつまで続く?

ピエール瀧容疑者が捕まってから
「次は誰?」みたいな騒ぎが
続いていますが、

いつまで続くでしょうか?

酒井法子さんや高知東生さん、
ASKAさん、清原和博さんの時も、
騒ぎになりましたが、

ここまで長くは続かなかったように
思います。

この調子で「次は誰?」と騒がれ
名前が挙がる人たちは、
追い詰められて大変でしょうね?

実際に捕まるかわからないのに
週刊誌もあまり特定できる情報を
掲載する訳にもいかず

イニシャルトークにしても、
どんどん、誰が誰だか
わかりにくくなっています。

女性セブンでとりあげられている人たち

女性セブンでとりあげられている
人たちを調べてみました。

ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優A

他のメディアでも名前が挙がっています。

そうは言っても、強面俳優はたくさんいます。

週刊誌で話題になれば、それだけ用心します。

実際に警察が動くにしても、
騒動が鎮静化してからでしょうね。

大物音楽プロデューサーのB

音楽プロデューサーはコチラでも
調べています。

結婚後もグラビアアイドルとして活躍を続ける30代のC

グラビアアイドルの30代Cは
初めて聴きます。

バラエティー番組に引っ張りだこで、
結婚後もグラビアアイドルとして
活躍を続けているグラドルです。

これも、ありそうですが、
似たような人が多くて絞るのが
大変そうな感じです。

30代のグラビアアイドルで
結婚している人といえば、
・井上和香さん
・秋山莉奈さん
・熊田曜子さん
・森下悠里さん
・杉原杏璃さん
・尾崎ナナさん

他にもたくさんいると思いますが、
思いつくのはこれぐらいでしょうか。

元男性アイドル歌手のD

海外進出も果たしてマルチに活躍する
元男性アイドル歌手ということです。

ピエール瀧容疑者は海外で使い始めたそうです。

海外に進出しているのなら、
そのまま移住してしまう可能性もありますね。

その国で合法なら、わざわざ違法の日本で
危ない橋を渡る必要が無くなります。

芸能関係の仕事をしていれば
生活基盤をどこに置くかは
比較的自由に選べそうな感じがします。

若者のカリスマミュージシャンのE

「若者のカリスマ」として国内外で
高い人気を誇るミュージシャンという
事ですが、

コチラで紹介されている
ミュージシャンOの事でしょうか?

音楽関係の仕事をしている人で
黒い噂が多いのは昔からですね。

スポンサーリンク