1月17日の全豪オープンテニス
ニック・キリオス選手の試合中に大声を

出して進行を妨げた男の正体が
明らかになりました。

試合の進行を妨げた男はユーチューブに
いたずら動画を投稿するユーチューバー
だったようです。

問題の動画に映っているのは、
キリオス選手がサーブを打とうとした時に
後ろの観客席にいた男がスマホで

自撮りしながら大きな声を上げて
セキュリティスタッフに
連れて行かれました。

この行為に、一番腹を立てているはずの
ニック・キリオス選手ですが

ユーチューバーによるいたずらだったと
聞かされると

「あっぱれだね。
 ちょっとした自慢になるじゃないか。
 やらせておけよ」

と、大人のコメントだったようです。

とても冷静ですね。

それぐらい冷静でないと
大きな試合で良い成績を
残せないのでしょうね。

スポンサーリンク

ユーチューバーの迷惑行為

日本では、地下鉄の落書きが
問題になっています。

古い動画ですが、地下鉄の車庫などに
忍び込んで落書きをする動画なども
公開されているようで

落書きだけでなく、
入ってはいけない場所に
侵入しているので、

明らかにやってはいけない事ですね。

取り締まることは出来るのでしょうけど
やった人を特定して、見つけるのは
大変なことでしょうね。

ユーチューブがアカウントを
停止してしまえば、
いいんじゃないでしょうか?

別のアカウントを登録して、
投稿すれば同じか。

いたちごっこでしょうね。

昨年、警察官の目の前に、
白い粉を落として、逃げ出す
いたずらをしたユーチューバーが

警察に捕まりましたが、
いたずらをするにしても
程度を考えないと

迷惑な人になってしまいます。

昔はテレビでやっていたような
いたずらですよね。

いつからか、テレビで放送すると
叱られるようになり、制作する人たちが
自主規制するようになったのですが

ユーチューバーの人たちは
まだそういった自主規制ができないで
いるようです。

それで面白い動画を投稿している
ユーチューバーもたくさんいるのですが
迷惑行為が過激になると困りますね。

どこかで歯止めが必要になってくるのかも
知れませんが、利用している人が

日本人だけでは無いので、
どの程度の迷惑が規制されるべきか
難しいかも知れません。

しかし、スポーツの試合で集中する時に
邪魔をするのは、どこの国に言っても
規制されるべき迷惑なんでしょうね。

ニック・キリオス選手の試合中に大声を出した
問題の動画はコチラです。
⇒ https://youtu.be/rHLzxs1EDfM

スポンサーリンク