仮性包茎で悩んでいる人達のために
少しでも役に立てばと思い
調べてみる事にしました。

年を重ねてしまうと、大した問題では
ないと感じるのですが、
若い人にとっても重大な問題と
考えてしまう人も多いのでしょう。

普段、みせて歩く訳でもないので、
どんな形をしていても
皮を被っていても

その人の評価とは全く関係ないですが
やっぱり恥ずかしく感じるのは
よく理解できます。

スポンサーリンク

仮性包茎

日本人の8割以上が「包茎」と言われています。

平常時に亀頭が露出しない状態を
「包茎」や「皮被り」といいますが

その中で勃起時には亀頭が露出し、
通常の性交が可能であるものは
「仮性包茎」と呼ばれています。

包茎で、包皮口が狭く、
亀頭の露出に困難が生じるものは
健康保険が適用され泌尿器科で
治療する事になります。

泌尿器科での治療は健康保険を使い
以前は、自己負担額が1万円から
3万円ぐらいと言われていました。

健康保険の自己負担割合が変更されたり
しているので、現在は、もう少し
必要になるかも知れませんが

健康保険が適用されるので、
病院によって大きく異なる事もなく
標準的な治療が行われると思います。

仮性包茎の場合でも、体質にただれなど
皮膚障害の原因になったり、
勃起障害につながったりするなど

治療が必要な場合は健康保険が
適用できる泌尿器科で診察を受け
手術を受けることができます。

ただ、仮性包茎である事に
コンプレックスを持ち、
見た目を変えるために手術を
する場合は、

美容整形と同じで、自由診療となり
全額自己負担で手術をうける事に
なります。

全額自己負担で手術となると
相当な出費を覚悟する必要があると
思いますが、費用はいくらぐらい
必要になるのでしょうね?

仮性包茎の費用(料金)

自由診療で行う包茎手術の費用は
病院によって異なります。

自由診療なので治療費も病院が自由に
決めています。

ホームページで確認したところ、
10万円から20万円ぐらいが
相場でしょうか。

安いところだと5万円という
クリニックもありました。

包茎手術を行うクリニックは
たくさんあるので
料金も競争になっているようです。

競争になっているとしても、
テレビCMもよくみかけるので
クリニックは儲かっているはずです。

何で儲けているのでしょうね?

クリニックの利益

男性の悩みはたくさんあるので
包茎手術が安くても、
クリニックは他の治療で
儲かるようになっています。

皮をかぶっているだけが
コンプレックスの原因ではありません。

小さいとか短いとか、
悩みの原因はたくさんありますよね。

大きくて太い方が、女性が喜ぶと
勘違いしている人が多すぎます。

正しい情報が少ないんでしょう。

包茎手術を受ける前に、
無料でカウンセリングしてくれる
クリニックがほとんどです。

カウンセリングの時に、
亀頭を大きくする方法や
長くする方法が提案されます。

皮をかぶっているだけで
コンプレックスを感じるので

大きさや長さ、かたちについて
提案を受けると、心が揺らぎます。

包茎の手術よりも、
こちらの治療の方が高額になります。

結果、包茎の手術だけなら
10万円から20万円で済んだはずなのに

カウンセリングを受けた後、
50万円近くになる事もあります。

とあるクリニックの治療例を見ると
100万円とか150万円の金額も
提示されています。

様々な方法があるので、
青天井ですね。

本当に必要な治療ですか?

女性の整形手術には批判的な男性が
多い割に、包茎手術には寛容な
人が多いような印象を持ちます。

やっている事は同じような事ですよね。

カツラや植毛も同じだと思いますが、
コンプレックスは人それぞれ
感じ方が違います。

そのコンプレックスを解消するために
何をするのかも、人それぞれです。

機能面だけを考えれば、
仮性包茎でも性交できて、
子供もできる人がほとんどです。

仮性包茎が原因で不妊というのを
あまり聞いた事がありません。

シモの話は、都市伝説的なモノが多く
正しい情報が出回らないので
余計に不安になりますね。

ネットの情報だけでなく
実際に病院で話を聞いたり、
専門家のアドバイスも活用して

本当に必要な治療なのか
冷静に判断して欲しいですね。

スポンサーリンク