気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

バードボックスチャレンジは日本でも流行るか?Netflixが注意喚起!

   


バードボックスチャレンジと称して
危険な自動車運転行為が
アメリカで流行しているそうです。

「バード・ボックス」を配信した
Netflixもやめるようにツイートしています。


スポンサードリンク

バード・ボックス

「バード・ボックス」は、
Netflixが配給している映画です。

公式サイトはコチラ
⇒ https://www.netflix.com/jp/title/80196789

Netflixに加入する事で視聴できます。

wikipediaに記載されたあらすじを
見ると、よくわからないのですが
何か見てはいけないので

目隠しして、逃げる話のようです。

小説が原作のようですが、
小さな子ども2人を連れて
目隠しして逃げるのは
大変な事です。

バードボックスチャレンジ

バードボックスの真似をしているのか
目隠しをして自動車を運転したり、
家の中を走ったりする姿を動画に撮影し

ツイッターなどに投稿するのが
アメリカで流行っているようです。

日本でもそうですが、特に海外では
危険な事をした動画をSNSに投稿するのが
よく流行しますね。

以前、突然、車を降りて道路を走る人の
動画が流行ったりしましたが
見るからに危険です。

ツイッターで #BirdBoxChallenge と
検索すると沢山の動画がヒットしますが

中には危険な行為もあるので
真似するような事ではありませんね。

真似するのなら、ブラインドサッカーの
体験動画とかにすれば良いと思います。

くれぐれも危険な行為は行わないように。

まだ日本では流行っていないようですが
目隠しで自動車を運転する動画など
SNSで拡散すれば、すぐに警察に捕まります。

警察に捕まるような行為である前に
危険で他者を巻き込む恐れがあるので
やってはいけません。

アイスバケツチャレンジ

何とかチャレンジと言って思い出すのは
「アイス・バケツ・チャレンジ」です。

ALSの研究を支援するため、
バケツに入った氷水を頭からかぶるか
ALS協会に寄付をする運動でした。

有名人がバケツの氷水をかぶる動画を
SNSに投稿し、ほとんどの人は寄付も
していました。

アメリカだけでなく、日本の実業家や
プロスポーツ選手、芸能人、など、
多くのインフルエンサーが
この運動に参加していました。

こういった取り組みは、ALSの理解にも
つながりますし、寄付も集まるので歓迎です。

SNSも使い方で良くも悪くもなりますね。


スポンサードリンク

ブラインドサッカー

2020年の東京パラリンピックでは、
22競技537種目が開催されます。

視覚障害者向けのスポーツに何がある
のか、全て把握している訳では
ありませんが、

ブラインドサッカー、すごいですね。

プレイヤーの見え方による有利不利を
失くすため、選手はアイマスクをして
競技をします。

ボールは音がするそうですが、
耳だけで位置を判断し、
ガイドが相手ゴールの裏に立って
声で指示をするそうです。

ボールの位置もゴールの位置も音で
判断して、
ボールをシュートするのは、
想像できませんね。

アイマスクをするのであれば、
健常者も一緒にプレーできる
スポーツだと思います。

2020年の東京パラリンピックに向けて
今まで知らなかった競技を
世の中に広めるのに、

何とかチャレンジのような運動が
行われると良いですね。


スポンサードリンク


 - 話題の出来事