12月16日に北海道札幌市で起こった
爆発事故は、不動産仲介会社の従業員が

スプレー缶に穴をあける作業をした後
手を洗うため、給湯器を使おうとして
爆発がおこったそうです。

爆発の映像を見ると、
すごい炎が上がっていますが

爆発を起こした不動産仲介会社でも
亡くなった人がいなくて良かったですね。

となりの居酒屋のお客さんは、
災難でしたが、
命に別条がなく、不幸中の幸いです。

スポンサーリンク

アパマンショップ平岸駅前店

爆発のあった現場は
札幌市豊平区平岸3条8丁目で
居酒屋などがある繁華街の一角です。

爆発した不動産仲介会社は
「アパマンショップ平岸駅前店」でした。

アパマンショップ平岸駅前店の
ホームページは現在、見る事が
できなくなっています。

ヤフーのキャッシュに残っている
情報は、コチラです。

⇒ http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=kIHHhpip08YJ&p=%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E5%B9%B3%E5%B2%B8%E9%A7%85%E5%89%8D%E5%BA%97&u=www.apamanshop.com%2Fshop%2F01061112%2F

いくつかのアーカイブサイトにも
残っていました。
⇒ https://web.archive.org/web/20170714211431/http://www.apamanshop.com/shop/01061112/

⇒ https://archive.is/LRsM9

サイトによって残っている情報が
スマホ版だったりPC版だったりするようです。

アパマンショップなどは、
通常フランチャイズですが

アパマンショップ平岸駅前店は
株式会社アパマンショップリーシング北海道

という会社が運営しているショップのようです。

爆発の原因は?

最初は、居酒屋さんが原因かと
思ったのですが違うようですね。

テレビのニュースでは、
スプレー缶100本以上に穴をあける
作業をしていて、

手を洗おうとして給湯器を使ったら
爆発したということですが

スプレー缶って、何のスプレーだった
のでしょう?

廃品回収の前など、スプレー缶の
穴あけ作業はしますが、

本数が少ない事もあり、
あまり注意していませんでしたが
こういったニュースを聞くと
怖いですね。

居酒屋さんや、不動産仲介会社のあった
建物は、崩れてしまい、
原型をとどめていません。

破壊力がスゴイです。

鍋物

冬になり、鍋物をよく食べます。

カセットコンロを使うのですが、
カセットボンベの缶でも
爆発する可能性があるという事ですね。

取扱には十分注意していますが
こういったニュースを聞いた後では
怖いですね。

手軽に使えるものだけに、
扱いがぞんざいになっています。

使い済みの缶は、なるべく早く
穴をあけて捨てるようにしていますが
鍋物の回数が増えると
溜まってしまいます。

大きな事故になる前に、
処分してしまった方が良いですね。

消臭スプレー

爆発の原因となったのは
除菌消臭スプレーだったそうです。

不動産仲介会社だから、何のスプレー缶か
気になっていましたが、
消臭スプレーなんですね。

⇒ 除菌消臭スプレー缶のブランドや商品名は?札幌市平岸でガス爆発!

消臭スプレーでも100缶もあると
爆発の原因になるのは驚きです。

社長の記者会見

アパマンショップリーシング北海道の
社長が記者会見していましたね。

スプレー缶は穴をあけていた訳ではなく
一度、噴射が始まると中身が無くなるまで
出続けるタイプのモノだったそうです。

室内で、約120本のスプレー缶を
同時に噴出し続けていたそうで
よく、そんな室内に入っていったのもだと
思いました。

気持ち悪くなったりしなかったのでしょうか?

そして、給湯器を使って爆発したようですが、
スプレーのガスが可燃性という意識が無かったようです。

いつも使っているスプレーなのに、
注意事項ぐらい確認していなかったのは
残念ですね。

他にも、通常なら60本程度の在庫なのに
120本もの在庫が残っていた理由も気になります。

有料オプションの除菌・消臭作業をしていなかった
顧客への返金なども問題になりそうですね。

スポンサーリンク