気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

カルロスゴーン社長は何をした?金融商品取引法違反とは?脱税では?

   


日産自動車のカルロス・ゴーン会長が
東京地検特捜部に捕まりました。

報酬を誤魔化したそうですが、
容疑は、金融商品取引法違反です。

脱税とかじゃないんですね?


スポンサードリンク

役員報酬の額を実際よりも少なく
有価証券報告書に記載した疑いが
持たれていますが、

それなら、ゴーン会長だけでなく
会社ぐるみの不正ということでしょう。

V字回復で一躍有名になった
カルロス・ゴーン会長ですが
日産自動車は、取締役会で解職を
提案すると発表しています。

ゴーン会長が捕まった事をうけて
フランスのルノーの株価は急落し
先週末の終値に比べて
一時6.2%値下がりしました。

明日の東京証券取引所も影響が
懸念されますね。

脱税ではないの?

役員報酬を誤魔化したのなら
所得税法違反だと思うのですが、

今回は、有価証券報告書に虚偽を
記載したとして、
金融商品取引法違反の疑いが
持たれています。

今後、所得税法違反とか、
法人税法違反も出てくるのでしょうね。

また、経費を誤魔化した疑いも
あるみたいなので、
日産自動車から告発されれば
他にも罪が問われる事になりそうです。

かなり大きな問題になりますね。

日産自動車といえば、日本を代表する
大企業の1つです。

それにもかかわらず、こういった役員の
不正が行われていたのは残念ですね。

ガバナンスが効いていないと
いうことでしょう。

内部統制はどこにいってしまったのか
気になります。

ゴーン社長の不正が見つかったのは、
内部通報によるものだったので
内部統制が効いているという反応も
あります。

下手すると、東芝のように、
企業の存続自体に影響を与えるような
問題に発展しかねません。


スポンサードリンク

カルロス・ゴーン会長の年俸

日産自動車の2017年度有価証券報告書に
記載されているゴーン会長の報酬は
7億35百万円です。

2016年度の有価証券報告書では、
10億98百万円となっていました。

ゴーン会長は、仏ルノーでも、
三菱自動車でも役員をしているので
合計するととんでもない金額を
得ています。

日産自動車から得ていた報酬が過小に
記載されていたのですから、
一体、いくら稼いでいたんでしょうね?

役員報酬以外に、ゴーン会長は
日産自動車の株式を300万株ほど
持っているので、
2億円近く配当金を得ています。

これだけで、従業員の生涯年俸ぐらい
稼いでいます。

報酬を誤魔化す意味がわかりません。


スポンサードリンク


 - 話題の男性