気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

タイヤチェーン義務化!指定区間はどこ?雪国ではつけたこと無い!

   


国土交通省は、大雪の時の
「立ち往生」対策として、

今冬から過去に立ち往生が起きた場所や
急坂など約20区間を指定し

タイヤチェーンの義務付ける方針を
発表しました。

来年度以降も指定区間を約200区間に
広げてタイヤチェーン義務化を
すすめていくようです。

大規模な立ち往生

2018年2月に日本海側で
大雪となりました。


スポンサードリンク

福井県北部の国道8号で
2月6日に渋滞が発生し、
坂井市丸岡町からあわら市熊坂の

約10キロの区間で
約1500台が立ち往生し、
自衛隊が出動して救助にあたりました。

2月6日午後2時、福井市の積雪は
例年の6倍を超える深さ136センチ。

除雪しても追いつかない状態でした。

国道8号の渋滞が解消したのは、
発生から60時間以上経過した
2月9日の午前1時です。

60時間も渋滞に巻き込まれたら
体力的にも精神的にも疲れ果てて
しまいますね。

ここまで大規模でなくても、
突然の雪で道路が渋滞する事が
よくあります。

雪の準備をしていない車で、
上り坂を登れなかったり、
橋などで立ち往生してしまい、
後続の車が進めなくなり
渋滞になったりします。

タイヤチェーンでなくても
スタッドレスタイヤを履いていれば
回避できると思いますが、

大雪や凍結した時は、
やっぱりタイヤチェーンが
有効なんでしょうね。

タイヤチェーンの付け方

私が住む地域は、年に1回か2回ぐらい
雪で積もります。

スタッドレスタイヤを使っている人が
多いのですが、年に数回の事なので
私はタイヤチェーンを使っています。

慣れてしまえば、出勤前の10分ぐらいで
付けることができますし、
スタッドレスタイヤを買うより
安くすみます。

ジャッキアップしなくても
簡単につける事ができる
金属製のタイヤチェーンもあるので
コスパは良いです。

【送料無料】【週末限定!300円クーポン配布】【サイズ選択】タイヤチェーン 205/60r16 155/65r14 195/65r15 145r12 215/55r17 等 タイヤチェーン 金属 12mm 金属タイヤチェーン スノーチェーン 亀甲型 タイヤ チェーン スノー 金属チェーン ジャッキ不要

注意が必要なのは外す時

豪雪地帯という訳ではないので、
タイヤチェーンの必要な道は
限られています。

通勤途中で雪がなくなり、
チェーンを外す時がありますが、

タイヤチェーンはつける時よりも
外す時の方が要注意です。

タイヤの裏側は、思っているよりも
チューブやショックなどで、
ゴチャゴチャしています。

ここに絡まってしまうと、
簡単には外せなくなります。

タイヤチェーンは、フックなどで
ひっかかりやすいので、
慎重に外した方が良いです。

金属製のタイヤチェーンよりも
非金属製のタイヤチェーンの方が
切れにくいので、雪が少ない地域は
樹脂素材などの非金属製
タイヤチェーンが良いです。

非金属タイヤチェーン スノーチェーン ジャッキアップ不要 高品質 熱可塑性ポリウレタン樹脂素材採用 サイズ T20~T90 FJ4561

指定区間

雪国で生活する人ほど、
普段からスタッドレスタイヤを
使っているので

タイヤチェーンを使った事が無い
という人が多いのではないでしょうか?

義務化される指定区間がどこになるのか
気になりますね。

タイヤチェーンが義務化されるのは
気象庁が警報を出すレベルの大雪の際、
という事ですが、

今年、立ち往生が発生した、
国道8号線は指定される可能性が
高いでしょうね。

今冬から始める方針みたいですが
何も準備されていないような感じです。

長距離を移動する、運送トラックや
観光バスなどは準備が必要なので、
早く決めて欲しいですね。


スポンサードリンク


 - 話題の出来事