気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

ジーヴス(ユーモア小説)とは何?皇后陛下も楽しみに!どこで買える?

   

皇后陛下が誕生日にあたって文書で
お気持ちを表されました。

天皇陛下の御譲位後、公務を離れたら
購入したものの手付かずになっていた本を
時間をかけて読めるのではないかと
楽しみにされているそうです。

「ジーヴスも二、三冊待機しています。」

とのことですが、「ジーヴス」って何?

早速調べてみたいと思います。


スポンサードリンク

ジーヴスとは?

「ジーヴス」は、イギリスの小説家
P・G・ウッドハウスによるユーモア小説の
登場人物です。

タイトルに「ジーヴス」が付いている
作品があり、シリーズ化されています。

古い本なので書店で見かける事は
あまり無いのですが、

「それゆけ、ジーヴス」や
「比類なきジーヴス」は、
比較的購入しやすいようです。

それゆけ、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

私は読んだ事が無いのですが、
マンガ化されたり映像化されてDVDが
発売されたりしています。

〈DVD〉天才執事ジーヴス vol.1 ()

書籍は国書刊行会と文藝春秋から
出版されていますが、

国書刊行会では「ジーヴス」
文藝春秋「ジーヴズ」と
表記に違いがあります。

短編小説なら読みやすいでしょうね。

最近、集中力がなくなり、
長編の小説を読むのが億劫になっています。

海外の推理小説だと、登場人物の名前を
覚えるのに一苦労し、なかなか前に進まず
結局途中で諦めてしまう事がよくあります。


スポンサードリンク

登場人物

ジーヴスシリーズの小説に登場する
主な人物は以下のとおりです。

バーティー・ウースター

バーティーは暇を持て余す
伯爵位継承予定者です。

伯爵とかいうと、舞台は英国っぽいですね。

ジーヴスの主人にあたります。

ジーヴス

ジーヴスは、バーティーに仕える従者です。

あらゆることに精通しており、
何でも出来る有能な従者です。

ユーモア小説という分野が
よく理解できていないのですが

ドタバタのコメディのようなものではなく
面倒な揉め事に主人のバーティーが
巻き込まれ

ジーヴスが何とか乗り切っていく
というようなストーリーが多いようです。

イギリスの社交界の話みたいで
登場人物が多いみたいなので
名前を覚えるのが大変ですね。

読書する集中力

イギリスの小説というと、
以前はコナンドイルの
シャーロック・ホームズを
よく読みました。

最近は、ハリー・ポッターですね。

ハリー・ポッターは、話が長い。

真面目に読んでいた頃は、
睡眠不足になり、
会社で居眠りばかりしていました。

あの頃は、集中力が続いたものです。

今から読み返す事は無いのですが
映画で満足しています。

最近、本を読まなくなりました。

電子書籍を含めても、月に1冊か
2冊ぐらいしか読んでいません。

秋は読書の季節なので、
新しい分野の本に挑戦してみたいのですが

ネットサーフィンで文字を読んでいると
何か読んだ気になり、満足してしまいます。

紙の新聞と、ネットの新聞では、
集中の仕方が変わります。

ネットの新聞には、リンクが貼ってあって
他の情報に飛んでしまい、
ひとつの記事に集中する事が難しいです。

紙の新聞だと、紙面を一通り見渡すので
何が書いてあるか確認します。

集中して読書するのも訓練だと思います。

「ジーヴス」シリーズは文庫本も
出版されているようなので
少しずつ訓練するのも良いですね。

ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻 (文春文庫)

目が疲れやすくなっているので、
オーディオブックがあると
うれしいのですが・・・


スポンサードリンク


 - 話題の商品