気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

岡田将生の昭和元禄落語心中!ドラマ第1話のあらすじやネタバレ!

   

10月12日(金)からNHKで
「昭和元禄落語心中」の
ドラマが放送されます。

ドラマ化されるんですね。

しかし、何で金曜の22時なんて
時間帯に放送するんですか?

昭和元禄落語心中なら、
土曜日の夕方じゃないの?

わざわざ裏にも見たいドラマがある
タイミングにぶつけてこなくても
良いのに、ちょっとどうしましょう。


スポンサードリンク

昭和元禄落語心中

ドラマ「昭和元禄落語心中」は、
雲田はるこさん原作の同名マンガを
ドラマ化したものです。

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

2016年と2017年にはアニメ化されて
テレビ放送されています。

私は、原作マンガを全く知らなかった
のですが、
アニメをみてファンになりました。

いやぁ、面白いです。

ドラマでは、岡田将生さんが八雲を演じる
みたいですが、とても楽しみですね。

若い頃の菊さんは、良いと思うのですが
年をとってからの八雲をどう演じるのか
楽しみです。

助六を演じる山崎育三郎さんも
とても楽しみです。


スポンサードリンク

昭和元禄落語心中のあらすじ

昭和元禄落語心中(第1話)のあらすじは
以下の通りです。

1977(昭和52)年。服役を終えて刑務所を出た与太郎(竜星涼)は落語家・八雲(岡田将生)に弟子入りを願い出る。刑務所落語慰問会で演目「死神」を披露した八雲に魅了されたのだという。弟子を取らないことで有名な八雲だったが、与太郎はなぜか入門を許可される。一方、八雲の親友の天才落語家・助六(山崎育三郎)は、若くして亡くなった。当時幼かった助六の娘・小夏(成海璃子)は他に身寄りがなかったため、八雲に引き取られ育った。だがある日、与太郎は小夏が八雲を「親の敵」と憎んでいることを知る。
引用:https://tv.yahoo.co.jp/tv_show/drama/autumn/00001406drama.html

物語の舞台となるのは、与太郎と八雲、
小夏が中心となる昭和の終わりと

初太郎(助六)と菊比古(八雲)、
みよ吉が中心となる戦後すぐの
2つあります。

アニメでは第1期で、
与太郎が入門してから

小夏の親である助六とみよ吉が
亡くなった理由を知るまでが
描かれ、

第2期では、与太郎が真打ちに昇進し
3代目助六を襲名したところから
始まります。

今は、落語も人気がありますが、
昭和の終わり頃には、寄席も減り、
落語よりも漫才やコントが注目されて
人気が廃っていました。

今でも伝統芸能のような感じで
捉えられていて、漫才やコントの方が
人気かもしれませんが

年をとってくると、なぜか落語が
良くなってきます。

漫才とかコントも面白いのですが
落語は、別の魅力があります。

特に古典落語は、どんな話なのか
知っていないと笑えなかったり、
事前に知識を得ておく必要がありますが

何度も聞くとわかってきて、
また聞きたくなります。

同じネタを違う噺家が演じるのも
面白いですね。

話の強弱の付け方や、魅せ方など
やっぱり特徴があります。


スポンサードリンク


 - 話題の番組