気になる巷の話題

大好きなユーチューバーの動画やネットで話題になっているニュースを紹介します!

塩谷歩波(えんやほなみ)の銭湯図解イラスト!小杉湯の場所はどこ?

   

銭湯図解というイラストを描いている
塩谷歩波さんが話題になっています。

塩谷歩波さんについて調べてみました。


スポンサードリンク

子供の頃は、私が住む地域でも歩いて
行ける距離に何軒か銭湯があって、
良く行きました。

家にお風呂が無かった訳ではないのですが
今よりも「お風呂を沸かす」という行為が
火を使うため危険だったので、

子供が手を出すような作業ではありません
でした。

親が働いていたので、帰りが遅くなる
ような時は、よく銭湯に行きました。

同じような理由で銭湯を利用していた
近所に住む友人も多く、銭湯に行くと
誰かしらして、子供達で騒いだものです。

あまり賑やかになり過ぎると、近所に
住む怖いおじいさんに怒られたりして
昭和の下町って感じが残っていました。

今は、全て営業していないですね。

銭湯ではなく、スーパー銭湯のような
温浴施設はあるのですが、昔ながらの
銭湯は、見かけなくなりました。

塩谷歩波さんのプロフィール

塩谷歩波さんは設計事務所に勤めていた
時に体調を崩し、銭湯通いを始めてから
体調とメンタルが回復した経験から

銭湯の魅力を図解したイラスト
「銭湯図解」を描いているそうです。


スポンサードリンク

小杉湯の場所はどこ?

塩谷歩波さんは高円寺にある小杉湯の
番頭さんです。

小杉湯の場所はコチラです。

⇒ http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/

地図を見ると、この辺りは、
まだ、「○○荘」とか「○○アパート」
みたいな建物が多い地域ですね。

銭湯を利用する人も多いのでしょうか?

銭湯が減っている

人が沢山住む地域だと違うのかも知れま
せんが、私が住む地域では銭湯が減って、
スーパー銭湯は増えています。

銭湯って、街中にある事が多く、
駐車場が無いお店が多いので、
私が住む地域では難しいですね。

大きなレジャー施設に併設されている
スーパー銭湯が増えているので

大きなお風呂に入りたい、という
ニーズは減っていないと思います。

それでも銭湯が減っているのは事実で
残念な感じがします。

スーパー銭湯は増えているので、
やり方次第では、銭湯も生き残ると
思うのですが、そんな簡単な話では
なさそうです。

これから人が減っている社会なので
今までどおりの生活ができるかどうか
わかりません。

インフラの老朽化が問題になっていますが
これまでに構築したインフラを

人口が減っていっても維持し続けるのか
考えなければいけないのでしょうね。


スポンサードリンク


 - 話題の女性